空港のラウンジを利用して、搭乗までの時間を過ごす

今や飛行機は私たちの足として、海外旅行は勿論のこと、国内旅行においても大いに利用されています。必然的に空港で過ごす時間が増えてきています。

空港ラウンジ

空港ラウンジでゆったりと過ごしながら、搭乗までの時間を有意義に過ごしてみては?!


飛行機は予約して決められた時間に搭乗しなければならず、空港には早めに到着していることも多いでしょう。待っている間は、お茶を飲みながらゆったりと過ごしたいと思うものの、カフェやレストランが非常に混みあっていて、待ち疲れてしまったという人も少なくありません。そんな時には空港のラウンジを利用して、搭乗までの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ゴールドカードならラウンジは無料で利用可能

私たちはクレジットカードを1枚以上持っていると思いますが、そのカードがゴールドカード以上であれば、日本の主要都市にある空港の有料ラウンジを無料で利用することができます。

ラウンジで提供される無料サービスはWi-Fi、雑誌や新聞の閲覧、ソフトドリンク等です。ラウンジの中には朝の時間帯のみクロワッサン等を提供するところもあり、ラウンジで簡単な食事を済ませられるようになっています。

国際線の場合には国内線のサービスに加え、アルコール1杯無料、おつまみ等の提供を受けられるところがありますし、有料になりますが食事をすることができるところもあります。

ラウンジは利用者が限られているため、一般のレストランやカフェに比べれば静かにゆったりと食事をしながら、搭乗までの時間を過ごすことができます。

いずれの施設も同伴者は有料になり、大人は1000円、子供は500円程度。プラチナカード等なら、同伴者1名まで無料です。

海外旅行派ならプライオリティパスを取得しよう

ビジネスクラスもしくはそれ同等以上のチケットを持っている、もしくは搭乗実績により与えられるステイタスによって、航空会社専用のラウンジが使えます。とはいえこれらの特典は、利用するためにはハードルがちょっと高めです。

空港ラウンジ2

プライオリティパスなら世界中のラウンジを無料で利用可能! ワインだって楽しめますよ


もし1年の間に何度も海外へ出かけるようなら、世界各地の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスに申し込んでみてはいかがでしょうか?

このパスの料金形態は3つ。年会費99USドル(以後ドル)で、利用する都度27ドル支払うスタンダードプラン、年会費249ドルで年10回まで無料で使えるスタンダード・プラス、年会費399ドルで無制限に利用可能なプレステージです。いずれコースでも1名につき27ドル支払えば、同伴者も利用することができます。

このパスで利用できるラウンジは、ゴールドカードで利用できるラウンジの内容を数段グレードアップしたものとなっており、Wi-Fi、ソフトドリンク及びアルコール類のフリードリンク、食事の提供、シャワーブースの利用等が含まれます。

利用できるラウンジも1空港1カ所のみという訳ではありません。ハブ空港等では登録されている複数のラウンジを利用することが可能になり、航空会社専用のビジネスクラス用のラウンジを利用できるところもあるのです。勿論、自分の持っているチケットがエコノミーであっても何ら問題なく利用できるのです。

ただ年会費399ドルというのは、日本円で4万円超。決して安い訳ではありませんので、いくら世界中のラウンジが使えると言っても、入会するのには二の足を踏んでしまう人が多いハズ。でも、裏技があるのです!

プライオリティパスを無料で利用するには?

クレジットカードのプラチナカードを持っている場合、会社によってはプライオリティパスを無料で提供してくれるところもあります。

プラチナカードの年会費は5万円から10万円くらいになるのですが、1万円から3万円でプラチナカードもしくは同等のカードを発行している会社もあります。リーズナブルな年会費でクレジットカードとプライオリティパスの両方を持てるのは、お得度が高くなります。

その他にも海外旅行保険の補償額のアップが受けられたり、食事に割引サービスも受けられます。海外旅行派なら自分のライフスタイルや渡航スタイルを振り返り、クレジットカードの見直しをすると良いかもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。