「こなれ感」の意味や流行っている理由、こなれ見えコーデや着こなしのコツとは?

WEAR

(左)出典:WEAR (右)出典:WEAR

羽織りやジャケットを着たり脱いだりと重ね着を楽しめる秋冬シーズンが到来しました。

肩肘張らないエフォートレスな着こなしが市民権を得てからというもの「こなれ感」のあるスタイリングが人気となっています。こなれ感とは何気なく着ているようで着慣れた感じがする着こなしやコーディネートを指します。シンプルなアイテムをこなれて見せるのはテクニックが必要ですが、どれも簡単にできるものばかりなので、知っているかどうかがおしゃれの分かれ道になります。

今回は、定番服や買ったばかりのトレンド服をこなれて見せるテクニックを6つ紹介します!


1.肩掛け

気温調節に大活躍するのが、「カーディガン」です。

ただ袖を通して着るよりも、肩掛けした方が、こなれ感が出ておすすめです。今っぽい肩掛けの方法は2つ。

WEAR

出典:WEAR

まずは、袖部分を前に垂らして、肩に乗せるだけの簡単なやり方。差し色を持ってくれば、アクセントになって効果的です。

WEAR

出典:WEAR


次に、腕を通さずに、そのまま肩に乗せるように羽織るやり方。簡単な方法なのに、コーデが一気にこなれて見えます。また、オフィスファッションにも重宝するカーディガンは、意外と周りからも見られていますし、ニットは質感がおしゃれの仕上がりを左右します。ぜひ1枚はいいものをワードローブに揃えたいところです。


2.抜き襟

WEAR

出典:WEAR

うなじやデコルテをさりげなく見せてシャツを着崩す「抜き襟」が、引き続き人気となっています。うなじとデコルテがさりげなく見えるので、抜け感と色気を醸し出すことができる、今っぽい着こなしです。

うなじやデコルテをさりげなく見せてシャツを着崩す「抜き襟」が、引き続き人気となっています。

うなじやデコルテをさりげなく見せてシャツを着崩す「抜き襟」が、引き続き人気となっています。

首元を開けることによってVネックのようになるので、首まわりがすらっと見える嬉しい効果も。成功の秘訣は、いつもよりワンサイズ上の大きめのシャツを選択すること。大きめサイズを選ぶことで、抜け感が生まれやすくなります。

やり方はとっても簡単。くわしいやり方やサイズ選びのコツはコチラをご覧ください。

 


3.袖まくり

WEAR

出典:WEAR

簡単にこなれ感を作れるのが、普通にシャツの袖をただロールアップしていく方法。最も多くの方がトライする「袖まくり」の方法でしょう。ジーンズのロールアップと同様に折り返してまくっていくだけで、簡単にこなれ感が演出できます。

ミラノまくり

ミラノまくりは、重ねて折りたたんでいるので袖が下がってきにくいのもGOOD。

また、もう少し上級者向けでおすすめなのが、イタリア人が好んでやる袖まくりの方法である「ミラノまくり」です。普通にまくり上げるより、安定感があります。

重ねて折りたたんでいるので袖が下がってきにくく、安定感があります。カフが目隠しになるので、こなれ感も演出できるのでおすすめです。やり方はコチラからご覧ください。

 


4.ロールアップ

WEAR

出典:WEAR


デニムやパンツをただ着こなすのでなく、裾をロールアップするだけで、こなれ感が出ておすすめです。画像は、マスキュリンな極太折りのコーデ。大胆に大きく一折りしたロールアップは、どことなくメンズっぽくクールで新鮮な空気感を運んできてくれます。

くしゅっとボリューミーでラフなロールアップのやり方は?

くしゅっとボリューミーでラフなロールアップのやり方は?

他のやり方である、ストレートデニムに合う二折りロールアップや、スキニーにぴったりな一折りロールアップ、無造作な折り方など、こなれ感を演出してくれるロールアップ方法にばバリエーションもたくさん。詳しく知りたい方は「保存版!デニムがオシャレに見えるロールアップ方法」で4つのテクニックを試してみてださい。

 



5.前だけIN

WEAR

出典:WEAR


街中でも多くの方がトライしているのを見かけるのが、シャツやカットソー、ニットなどの前だけをボトムスにINする方法。パンツをおしゃれに着こなすには、ウエスト周りでいかにこなれ感を出せるかが、重要なポイントです。

前部分の両サイドを少したるませて、ルーズなシルエットを演出。

前部分の両サイドを少したるませて、ルーズなシルエットを演出。

シャツにデニムパンツ、ニットにタイトスカートなどのシンプルなスタイルだからこそ、着こなしにアレンジを加えることでおしゃれ度を左右します。

白シャツを例に挙げて前だけINのやり方を説明しますが、その方法は何にでも代用できてとっても簡単です。

 


6.スカーフをバッグに巻く

WEAR

出典:WEAR


スカーフやバンダナをアレンジするのもこなれ感を演出するテクニックのひとつ。手首に巻いたり、首に巻いたり、バッグに巻いたりアレンジの方法はいろいろです。

とくに簡単で取り入れやすいのが、スカーフをバッグのショルダーの付け根部分に、無造作に結ぶアレンジ。シンプルで小さめのバッグにつけることで、一気にこなれて見えます。


以上、定番服はもちろん、秋のトレンド服をよりこなれて見せるテクニックを6つ紹介しました。ファッションが楽しくなる秋冬シーズンこそ、こなれ感のあるスタイルを楽しんでくださいね!

========================================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
========================================

▼注目のファッショントレンド記事はこちら
痛くならないパンプスの選び方!自分に合うサイズは?
ジャケットとインナーの合わせ方・コーデの法則
知っておきたい、2017年秋冬トレンド靴!
モテアラフォーになる7つのファッション
GUでオール590円!本当に使える秋冬アクセ8選
時短ファッション5選!毎朝迷わずおしゃれの法則

▼注目のファッションまとめ記事はこちら
2017年秋冬のトレンドバッグ10選!色・素材・形・デザインは?
パンプスは黒かベージュ!履きやすく疲れない走れるオフィス靴10選
出産祝いやギフトに!センスいいねと言われるベビーアイテム10選
大容量で軽くて高見え!コスパがいい「通勤トートバッグ」8選
3000円以下で買える! オフィスで使えるキレイめパンプス10選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。