一気に今年風! シャツの着こなしテクニック教えます

肩肘張らないエフォートレスな着こなしが市民権を得てからというもの、何気なく着ているようで、実はテクニックが必要なこなれ感のあるスタイリングが人気となっています。

そんななか、案外どうしたらいいかわからないという声が聞かれるのが「シャツ」の着こなし。たしかに、1枚持っていると何かと重宝するシンプルなアイテムだからこそ、その着こなし方にセンスが問われるのも事実です。

そんなお悩みを解決すべく、お仕事スタイルにはもちろん、オフの日も大活躍するシャツの着こなし術を4つ伝授。今季トレンドの抜き襟のやり方や襟の立て方など、こなれ感を演出できるテクニックです。早速、見ていきましょう!

【INDEX】
1.こなれ感抜群の「抜き襟のやり方」
2.首が長く見える「襟の立て方」
3.スタイリッシュな「袖のまくりかた」
4.ルーズなシルエットをつくる「前だけ裾イン」


1.こなれ感抜群の「抜き襟のやり方」

うなじやデコルテをさりげなく見せてシャツを着崩す「抜き襟」が、今季旬な着こなしです。やり方はとても簡単!
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:襟を後ろにこぶし1つ分位引っ張る

シャツを着たら、第二ボタンまで開けて、襟を後ろに「こぶし1つ分くらい」引っ張ります。着物を着るような感覚と言えば、わかりやすいかもしれません。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:着物のように、後ろにひっぱって着るのがおしゃれ

「抜き襟」は、うなじとデコルテがさりげなく見えるので、抜け感と色気を醸し出すことができる、今季らしい着こなしです。首元が開くことによってVネックのようになるので、首まわりがすらっと見える嬉しい効果も期待できます。いつもよりワンサイズ上の大きめのシャツを選択することで、抜け感が生まれやすくなります。


2.首が長く見える「襟の立て方」

「首が短い……」とお悩みの方におすすめなのが、シャツの襟を立てるテクニックです。今回ご紹介するのは、安定感が出て、首まわりが窮屈にならない方法です。こちらもやり方はとても簡単。
https:/シャツの着こなしテクニック:まずは根元から立てて

シャツの着こなしテクニック:まずは根元から立てて

まず、シャツを着たら、第二ボタンまで開けて、襟を根元からピンと真っすぐに立てます。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:ピンと張って折る

次に、左右の手で、それぞれの襟の上部の端をつまんでピンと張り、外側(谷折り)に半分~3分の1くらい折り返します。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:襟を半分くらい立てる

あとは鏡を見ながら、微調整すれば完成。根元から立てるのと比べると高さが控えめなのでさりげなく、首が短めの人でも窮屈に見えにくいのです。また、襟を立てることで、フロントに深いVゾーンができるので、首が長く、すっきりと見える効果もあり、女性らしさが倍増します。ちょっとしたテクニックで、着こなしにこなれ感が出るので、ぜひお試しあれ!


3.スタイリッシュな「袖のまくりかた」

シャツの袖をただまくり上げていく方法もありますが、今回ご紹介するのは、よりスタイリッシュなミラノまくりというやり方です。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:肘まで腕まくり

まず、カフ(袖口)を裏返しながら、肘上くらいまでまくり上げます。今回は肘までですが、丈の長さは肘程度でも、七分袖くらいでも、お好みでOKです。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:裏返した部分を折りたたんでいく

1で折り返した袖の裏地部分を、カフくらいの折り返し幅で、手首側からカフ下の位置(今回は肘くらい)まで重ねて折りたたみます。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:カフをふたのようにかぶせる

最後に、2で折りたたんだ部分に、カフをフタのようにかぶせれば、完成。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:折りたたんだ部分がみえなくてこなれた印象

重ねて折りたたんでいるので袖が下がってきにくく、安定感があります。カフが目隠しになるので、こなれ感も演出できるのでおすすめです。


4.ルーズなシルエットをつくる「前だけ裾イン」

シャツにデニムといった定番スタイルの場合、ちょっとしたテクニックやこだわりがおしゃれを左右する重要なポイント。そこで、ファッショニスタも実践する簡単なテクニックをやってみましょう。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:前だけイン


まず、シャツのボタンをすべて留めて、フロント部分をデニムにインします。このとき、あまり裾を入れる範囲を広く取りすぎず、デニムのフロントのポケットの幅くらいだけにとどめるのがポイント。
シャツの着こなしテクニック

シャツの着こなしテクニック:前が短く、後ろは長く見える



最後に腰あたりを鏡で見て、両サイドの形を整えます。サイドからバックにかけて、シャツの裾がなだらかに長くなっているように見えれば完成。

ラフに着こなしたいシャツ×デニムのコーディネートでは、シャツの裾を全部入れるよりも、サイドからバックにかけてちょっとルーズなシルエットを演出するのが今の気分。抜け感のある着こなしテクニックに磨きをかけて、おしゃれを楽しんでくださいね。

=========================================
▼注目のファッショントレンド記事はこちら
Gapで見つけた! お仕事で着たい白Tシャツ
夏の足元は、「KEEN」の次世代スニーカーの白が正解!
三愛水着楽園プレスに聞いた! 2016年夏トレンド水着
絶対買うべきはこれ!オフィスで使えるユニクロ
ユニクロで発見! 今季らしいシャツ&ブラウス

▼デニムの着こなしを格上げするテクニック
保存版!デニムがオシャレに見えるロールアップ方法
デニムをオシャレに見せる!ウエスト周りコーデ実例4


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。