Androidの無料ウイルス対策ソフトはお試し版が多い

Avira Antivirus Securityは無料ウイルス対策ソフトです

Avira Antivirus Securityは無料ウイルス対策ソフトです


スマホを悪用したのぞき見事件やウイルス騒動のニュースを見ると、そろそろウイルス対策ソフトを使ったほうが良いのかなと心配になりますよね。ウイルス対策ソフトの必要性は「Androidのスマホにウイルス対策ソフトは必要か」にも書いてありますのでぜひ読んでみてください。

そこで実際にGoogle Playでウイルス対策ソフト(セキュリティーアプリ)を検索してみると沢山表示され、どうやって選べば良いのかわからなかったりします。また無料という表示であっても、期限のあるお試し版だったりするので、探すのが大変です。

今回は、Androidのウイルス対策を整理して、どのような製品が良いのか?無料のウイルス対策ソフトは有効か?といったことをレポートしましょう。


Androidのウイルス対策とは?

Androidウイルスと言えば、バッテリー長持ちアプリなどの便利アプリと偽ってユーザーにインストールしてもらい、こっそりと個人情報やプライバシーを盗みます。インストール時にアプリの権限が表示されるため、不要な権限がないかしっかりと確認したいですね。たとえば、バッテリー長持ちアプリが電話帳へアクセスするのは異常です。
インストール時にアプリの権限をチェックできます

インストール時にアプリの権限をチェックできます


それとパソコンと同様にAndroidのランサムウェアも問題になっています。ランサムウェアとは、デバイスをロックしたりデータを暗号化してしまうウイルスです。さらに解除するための身代金を要求してきます。これらAndroidウイルスのほとんどが、野良アプリと言われるGoogle Play非公式アプリにあるため、公式アプリしかインストールできない制限をかけるのも有効です。

「設定」から「セキュリティ」で「提供元不明アプリ」を確認できます(Androidのバージョンによって変わります)

「設定」から「セキュリティ」で「提供元不明アプリ」を確認できます(Androidのバージョンによって変わります)


HTML5という新しいホームページの規格の登場で、Webブラウザで動作するアプリが作れるようになりました。あくまでもホームページですので、野良アプリの制限をしていても効果がありません。ちなみに、ホームページ閲覧中にデバイスのカメラを起動させちゃうなんてこともできますし、シャッター音などを再生することもできます。新しいことができるようになれば、お金を巻き上げるワンクリック詐欺で悪用されてしまうでしょう。またネット詐欺と言えば、パスワードを盗み聞くフィッシング詐欺も有名です。悪意のあるホームページには近づかないようにしたいところです。

そしてウイルス対策ソフトはウイルスを発見するだけではなく、上記問題の対策をアシストする機能も付いています。たとえば、アプリの権限をわかりやすく分類するアドバイザー機能や危険なホームページをブロックする機能など。その他にも、フリーWi-Fiの通信を保護したり、デバイスを紛失したときのロック機能など、スマホに求められるセキュリティ機能の宝石箱になっています。


無料ウイルス対策ソフトは本当に有効?

無料で済むのであれば、無料のアプリを使いたいですよね。しかし、無料アプリでしっかり対策できるのでしょうか?

ウイルス対策ソフトは、捕まえてきたウイルスをエンジニアが解析しワクチンを作ります。そのため、まだ発見されていない未知のウイルスはワクチンがなく、ウイルス対策ソフトでやっつけることができません。ここで問題は、発見されるウイルスが年々増加しているというこです。ワクチン作りはエンジニアの数も求められています。

つまり、きちんと収益を得て製品開発につなげていることが大前提だと私は思います。そうなると、有料のウイルス対策ソフトも販売しているメーカーが選択肢になります。それら製品は第三者テスト機関のAV-TESTなどで評価を受けているため安心です。


1.無料のウイルス対策ソフトで大丈夫? 試してみた
無料という表示であっても、期限のあるお試し版がほとんどだったりします。そして、パソコン版のように機能制限で無料提供しているAvira Antivirus Securityを今回使ってみました。

AV-TESTで評価を受けていて、ウイルスを発見する機能はお墨付きです。ただ危険なホームページをブロックするなどの機能は有料版のみに制限させています。その他の対策は個別にする必要があり、ITに詳しくない方はハードルが高く、安心できないかと思います。
無料版は広告表示(左)や機能制限(右)があります

無料版は広告表示(左)や機能制限(右)があります

なお、電話で相談するようなサポートはありません。異常を感じたときに(本当に必要とするときに)自分の力で解決しなくてはいけないため、無料のウイルス対策ソフトは玄人向けと判断します。


2.有料ソフトをお得に使う選択肢もある
パソコン用にウイルス対策ソフトを購入している場合は、スマホ用のライセンスが付いているかもしれません。1製品で3台まで使えるといった複数ライセンスが今や普通です。追加で費用がかからなければ、有料のウイルス対策ソフトがお勧めです。機能制限はありませんし、必要とするときにサポートも受けられます。


ウイルス対策ソフトは人工知能(AI)になる

未知のウイルスでも検出できる方法が模索されていますが、未知のウイルスによる被害は後を絶ちません。情報漏えいといった大規模な事件は世界各地で起きています。直近で話題になったのは、ランサムウェアのワナクライです。世界中で脅威になりましたね。

ここで整理しておきたいポイントとしては、ワクチンを作っていない未知のウイルスをやっつけることはできないものの、ワクチンが作れないウイルスはないのです。ワクチンを作るウイルス解析エンジニアを人工知能で作れば、未知のウイルスでもその場で発見できるわけです。きっと近い未来では、ウイルス解析エンジニアが作ったワクチンではなく、ウイルス解析エンジニアがあなたのデバイス内で人工知能として働くことになるでしょう。

いま人工知能ウイルス対策ソフトの「CYLANCE」が世界中の注目を集めています。まだ企業向けモデルしかありませんが、2018年には一般的向けモデルも登場するそうです。Androidウイルス対策ソフトはその先になるかと思いますが、そのようなウイルス対策ソフト業界全般の技術の発展に期待したいですね!

【関連記事】
スマホを遠隔操作される手口と、悪用を確かめる方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。