親の「大丈夫?」という言葉は果たして有効なのか?

親の「大丈夫?」という質問に「大丈夫じゃない」と言える子は少ない…

親の「大丈夫?」という質問に「大丈夫じゃない」と言える子は少ない…

親は子供の様子が何か変だと、すぐに、「大丈夫?」「何かあった?」と聞いてしまいます。多くの子供は、それに対し、「大丈夫じゃない、ママ聞いてよ……」とは答えません。たいがい、「うん」「大丈夫」や「別に」などと答えます。親はそれで「気のせいだったようだ」と安心してしまうところがあります。

いじめや自殺などのニュースが流れると、毎回のように、「なぜ親は気づけなかったのか」ということが話題になります。親の「大丈夫?」は、子どもの心の訴えを聞くのに有効なのでしょうか?


子供の家庭外での悩みが急増し、過去最多に!

文部科学省の「児童生徒の問題行動等 生徒指導上の諸問題に関する調査」によれば、2015年に全国の小学校が把握したいじめは、前年度より約2万8千件増え、約15万1千件。中学校、高校、特別支援学校も含めると、約3万6千件増の約22万5千件でした(1985年度以降で最多)。

また、不登校だった小中学生は、約12万6千人(不登校の定義:年30日以上の欠席)。1千人あたりの不登校の人数は12.6人となり、1991年度以降で最多となりました。

これらのデータは、子供たちが学校や友人関係など、家庭外の場所について悩む傾向が、過去最大のレベルにまで達していることを示しています。


「大丈夫?」という声かけに頼り過ぎてはいけない

いじめ、不登校、それを苦にした自殺……。これらの問題が明るみに出ると、「家庭でなぜ気づけなかったのか」という声が上がります。「もっと早く察知していれば」「親は何をしていたのか」と強い言葉も飛び交います。

一方、親は、「大丈夫?」と聞いたら、子供が「大丈夫」と言っていたので、それを信じていたと言います。

たしかに、子供の気持ちを信じることはとても大切なことですが、大人が「優しい嘘」をつくように、子供も本音では話せないこともあります。実際には、「大丈夫?」と聞かれて、「大丈夫じゃない」と言える子の方が、少ないかもしれません。

2014年に起きた、仙台市の男子生徒のいじめを苦にした自殺。それを調査している専門委員会でも、「もし子供が『大丈夫』と言っても、周りの生徒にそれとなく話を聞くなどの対応をとる必要がある」という見解を示しています。学校側の対応もそうですが、親も、「大丈夫なの、なにかあった?」だけで済ますのは危険です。とくに親は、自分が安心したいがための「大丈夫?」になっていることがあるので、その言葉に頼り過ぎないようにしたいところです。


こういう家庭環境だと子供は弱音を吐きにくくなる

「大丈夫?」を乱用しないことも大事ですが、それと並行し、子供が、「大丈夫じゃない」と弱音を吐ける家庭環境を作る心がけも大切です。

子供の問題が深刻化してしまう大きな要因は、子供自身がそれを閉じ込めようとしてしまうから。

なぜなら、

「弱い自分を知られたくない」
「言っても解決にならない」

という心理が働くからです。とくに、親が子供に“いい子ちゃん”でいることを強調した子育てをし、その子の自己肯定感が十分発達していないと、この傾向が高まります。

「親が託す子供への期待感」というのは、時に皮肉に働きます。親は、自分の子が、出来がよくて、優しくて、協調性があって、リーダーシップがあって……といいところが満載だったら嬉しいものです。しかし、その思いが強くなり過ぎて、「いい子ならOK、悪い子はダメ」をインプットするようなほめ方や叱り方をしたり、子供の出来不出来で、あからさまに態度を変えたりするようになると、途端に子育ては悪循環に陥ります。子供は自分のことを二分化して考えるようになり、

「パパやママは、”いい子”のボクが好きなのだ」
「だから、親の前ではいい子でいなくてはいけない」
「悪い部分を見せたら、受け入れてもらえない」

と考えるようになってしまうのです。本来なら、親だけには、弱音を吐ける環境が望ましいのに……。


「大丈夫じゃない」と言うには、高い自己肯定感が必要

弱音を吐ける子というのは、自分のことを全体的に肯定しています。いいところ悪いところ、得意なこと苦手なこと、それがあって「ボクなんだ」という包括した自己感が育っていることが、こういう場面で非常に大事になってくるのです。

親の接し方は、子供の自己感に大きく影響を及ぼします。その子の頑固なところ、気が強いところ、いざというときに逃げてしまうところ、あきらめが早いところ……こんな「ちょっと困っちゃう…」というような部分こそ、親が受け止めてあげるべきポイントです。それを親が無理に抑圧したり、排除しようとしてしまうと、子供も自分の一部を蔑視するようになってしまいます。

親がその子の個性を丸ごと受け止めてあげることで、その子は自分の弱い部分も認めてあげられるようになり、”大丈夫じゃないこと“を素直に吐露しやすくなります。しっかりした自己肯定感を育むことが非常に大事なのです。


■自己肯定感の育みに役立つ記事
子供の自己肯定感がアップする「To be ほめ」とは?
子供の自己肯定感が低い今、親はここに気をつけよう!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。