ビットコイン価格は上昇していくのか?

4月5日には、ビックカメラが仮想通貨・ブロックチェーン企業bitFlyerのシステムを利用してビットコイン決済を試験導入することを発表し、話題となっています。ビットコインとは、主にインターネット上での取引に使われる仮想通貨の1つです。仮想通貨は世界におよそ600種類が存在すると言われており、ビットコインはそのうち約7割のシェアを占めると言われ、17年3月時点の時価総額は2兆円超に達しています。
大きく上昇するビットコイン相場(ドル)、その価値は約10年でおよそ200倍にも!

大きく上昇するビットコイン相場(ドル)、その価値は約10年でおよそ200倍にも!


上記はドルベースのビットコインの値動きです。2010年まではいわゆるマニアな人達の間だけでの売買・利用でしたが、2011年ごろから投機資金が流入し、キプロス危機で資金が流入して急騰。2008年に1BTC(ビットコイン)=0.07円だった価値が2017年には13万5000円まで、約200倍にも上がっています。ビットコインの取引は殆どは自国通貨の規制が厳しい中国からの投機資金と言われますが、ここまで資金が投入された背景には、ビットコインが流通量を制限していることが関係していると考えられます。

□関連記事もご参照下さい
ビックカメラ導入で話題!ビットコインとは何なのか?
ブロックチェーンとは何なのか?

ビットコインには金のような価値感も

ビットコインには金のような価値観も!?

ビットコインには金のような価値観も!?

ビットコインの流通量は、2100万BTCまでと上限が決められています。計算上では2140年頃に最後のマイニングが行われる予定です。ビットコインは、金の発掘になぞらえてマイニング(=採掘)で新しく発行されています。ビットコインのマイニングは一言で言うと、世界中のビットコインの取引データを承認作業をする見返りに、新規に生成されるビットコインを受け取る報酬のことです。この取引を承認する作業は10分に1回行われ、一番早く承認できた人(正確には、直前のブロックのハッシュ値と今回のブロックのデータと、任意の文字列(nonce)からなされるハッシュ値の最初の16桁が0となる任意の文字列(nonce)を発見できた人)が報酬を貰えます(17年4月時点では12.5BTC(ビットコイン))。

この採掘作業は気の遠くなるような作業でそれを10分以内に誰よりも早く行わないといけないので、スーパーコンピューターを何台も駆使して行う必要があります。さらに、コンピューターの性能が年々向上していくことから、その報酬は4年に1度のペースで半減していく設定になっています(半減期)。したがって、埋蔵量が限られている金のような価値がビットコインにはあると見ることも出来ると思います。

ちなみにビットコインがここまで大きく普及して来れた背景にはキプロス金融危機や自国通貨の規制が厳しい中国で投機の需要が大きくなっていることがあります。

日本は、政情が安定して経済も豊かな国なので、円が信用されているから実感が湧きにくいですが、政情が不安定だったり貧しい国だと、いつ自国通貨が無くなるかもしれませんし、口座が凍結されるゼロとはいえません。こうしたことからビットコインはキプロス金融危機でビットコインに大きく資金が流入し、中国からの投機資金もビットコインに流入しているわけです。

ビットコインは、インターネットが繋がってさえいれば、国境を超えて公平に使える世界共通の通貨です。手数料が大幅に抑えられ、どの国でも利用でき、口座を凍結されることもありません。

価格は需給で決まる。半減期にチャンスあり!?

もっともリスクもあります。たとえば、投機資金の大きな出元となっている中国で取り引きが停止となったり、あるいは何らかの経済ショックなどのニュースが発表されると、価格は急落する可能性があります。ビットコインにはもちろん、工業用の利用価値などはなく、単純に需給で価値が決まってくるために、需給が大きく変動するようなニュース1つで価格は大きく上下動するのです。

逆に良いニュースとしては、4年に1度のマイニング報酬の改定期(報酬が半分になる=半減期)前はビットコインの価格が上がったという実績があります(2012年11月29日(50BTC→25BTC)と2016年7月10日(25BTC→12.5BTC))。
2012年は年央から半減期に向けて大きく上昇。ちなみにこの後、キプロスの金融危機があり価格はさらに高騰しました

2012年は年央から半減期に向けて大きく上昇。ちなみにこの後、キプロスの金融危機があり価格はさらに高騰しました

2016年7月10日ではブレグジットの前に大きく上昇し、その後、ブレグジットが決定されると急落しますが、その後回復し、上昇しています

2016年は15年後半から大きく上昇し、16年6月に入り一段と上昇。ブレグジットの前には乱高下しましたが(6月23日にブレグジットが決定されると一時的に急落しますが、その後すぐに回復)、年末にむけてはさらに上昇しています

もちろん、次回の半減期前にも価格が上昇するとは言い切れませんが、「過去2回上昇した半減期が迫る」といった話題が多く取り上げられると見られることから、次回の半減期前は注目度が高まると予想できます。次回は2020年の予定です。

なお、現在ビットコインの価格が上昇していることの背景には、世界的な注目が集まっていることに加え、日本や欧州の中央銀行が資金を供給し、資金が溢れている状態であることも1つの大きな要因であると思います。この資金のダブつきがビットコイン価格を上昇させている要因と思います。さらに言えば、中国も低金利状況ですので(中国の)不動産価格が高騰しているように資金がダブついています。

この資金のダブつきが一段のバブルを形成する可能性があると見られる一方で、何らかの取引上の問題が発生したり、万一流動性危機になるような状況に陥れば、価格は急落する可能性があることも認識しておいた方が良いと思います。

参考:米国株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。