大きめシルエットのビッグシャツの種類とサイズの選び方

ビッグサイズシャツ

出展:WEAR

オンの日はもちろん、オフの日も活躍する、今季人気を博しているビッグシャツ。今回は、そんなビッグシャツ(ビッグサイズシャツ、オーバーサイズシャツ)の選び方や着こなし方について伝授します。まだ持っていない人は、ぜひ1枚はワードローブに招き入れたいアイテムのひとつです。

まず、大きめサイズのシャツには主に、2種類あります。

1.もともと大きく作られたビッグシルエットシャツ
まずは、アイテムそのものが大きくデザインされたのがビッグシャツです。わざと大きく見えるようにデザインされたものなので、通常サイズより明らかに大きくなっています。肩幅、身幅、袖丈など、シャツによって大きい部分が異なります。いずれにしてもこの場合は、普段Mサイズを着ている方は、Mサイズを選ぶと失敗しません。ブランドやデザインによるので、試着をしてみるのがおすすめです。


2.通常サイズのシャツを大きめに買うオーバーサイズ
それとは対照的なのが、オーバーサイズです。オーバーサイズとは、自分の体型に適したジャストサイズよりも1サイズ、もしくは2サイズアップして着用するものを指します。シャツ自体のサイズは通常通りですが、よりこなれた印象を醸し出すため、わざと大きめサイズを選ぶこと。オーバーサイズの服を着ることによって、体が相対的に小さく華奢に見えるなどの嬉しい効果も。シャツによってサイズ基準が違ったり、オーバーサイズに適さないものもありますので、判断が難しい場合は、店員さんにアドバイスをもらうとよいでしょう。

1で挙げたような、もともと大きめに作られた「ビッグシルエットシャツ」はデザインや形も通常のシャツとは違います。選ぶときのポイントはどこでしょうか。


ビッグシャツの選び方のポイントとは?

ビッグサイズシャツ

出展:WEAR


ビッグシャツは、なかなかバランスが難しいシルエットなので、サイドにスリットがあるタイプか、もしくは前より後ろが長いタイプならスタイリングが綺麗に決まります。

また、小さめの襟のものを選ぶと、バランスが取りやすくて◎。襟元が切り込み開きになったスキッパータイプのビッグシャツもおすすめ。首まわりがスッキリ見えて、女性らしい着こなしが叶います。

肩のラインが落ちているドロップショルダーデザインですと、こなれ感と着やせ効果がさらにアップ。気になる二の腕もカバーできて、スッキリとした印象になります。

リネンや綿のシャツもカジュアル感があっておしゃれですが、とろみ素材のシャツを選ぶとビッグシルエットでもしなやかでエレガントに仕上がるので、コーディネートの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

また、ノースリーブのビッグシャツなど、程よく肌見せできるシャツを選ぶと重い印象が緩和され、さらに女性らしい雰囲気に。


ビッグシャツの着こなし方

ビッグサイズシャツ

出展:WEAR


ビッグシャツのアイテムを上手にコーデに取り入れると、抜け感やリラックス感を醸し出すことができます。ですが、一歩間違えるとルーズで野暮ったい印象になってしまうので、難易度が高いアイテムでもあります。実はその着こなし方にポイントがあります。

ビッグシャツの着こなしを成功に導くポイントとして、ボトムスに裾をINして着ること。シャツの前だけINするのもおすすめ。これだけで、シルエットにメリハリが出て、スタイルアップ効果が狙えます。

また、袖をまくって手首を出すと華奢な印象が強調されて、すっきりとした印象に。さらに今季っぽく仕上がるのが、うなじやデコルテをさりげなく見せてシャツを着崩す「抜き襟」です。

以上、いかがでしたか? こなれ感とリラックス感を醸し出せるビッグシャツを味方につけて、この夏のコーデを楽しんでくださいね!


=====================
【取材協力】
WEAR(ウェア)
=====================




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。