Twitterの利用規約に見る年齢制限は

sns

「13歳未満は禁止」など、利用において年齢制限があるSNSは多い

先日、TwitterのiOSアプリがアップデートされ、「17歳以上」という年齢制限が加わりました。Twitterは10代に特に人気が高く、コミュニケーションインフラと化しているため、大騒動となりました。

Twitter Japanによると、「場合によっては過激なコンテンツを目にされる可能性があるため、ChromeやYouTubeなどiTunes上の他のオンラインサービスの年齢設定にそろえた」といいます。
Twitterの利用規約

Twitterの利用規約


利用規約を見ると、「Twitterは13歳未満を対象としたサービスではない」と書かれており、実際は13歳以上なら利用可能です。しかしiOSの年齢制限は「4歳以上」「9歳以上」「12歳以上」「17歳以上」の4種類しかないため、17歳以上を選ばざるを得なかったというわけです。

なお、年齢制限されたのはiOSの公式アプリのみで、しかも保護者によって年齢制限が設定されている場合しか適用されません。Androidの公式アプリの制限は「12歳以上」なので中学生以上は利用可能です。また、ブラウザや公式アプリ以外のクライアントアプリからなら利用できます。

利用規約では13歳以上は利用できるので、アプリが利用できない・消えたという13歳以上のユーザーは、保護者に制限を解除してもらうといいかもしれません。解除は、iPhoneの「設定」→「一般」→「機能制限」→機能制限パスコード入力→「App」→「すべてのAppを許可」を選択してください。

利用規約:13歳以上利用可能
iOSの年齢制限:17歳以上利用可能

他のSNSの年齢制限は?

10代の子どもたちはSNSが大好きです。しかし、ほとんどのSNSは13歳以上に利用が制限されています。保護者は、利用規約における年齢制限を知っておくといいでしょう。なお、iOSアプリの年齢制限は利用規約と同一ではないので参考にしてください。

Facebook

Facebookの利用規約

Facebookの利用規約


利用規約:13歳以上利用可能
iOSの年齢制限:4歳以上利用可能

LINE

利用規約:年齢制限なし
ただしID検索は18歳以上のみ利用可能。18歳未満は検索対象からもはずれる。
iOSの年齢制限:4歳以上利用可能

Instagram

Instagramの利用規約

Instagramの利用規約

利用規約:13歳以上利用可能
iOSの年齢制限:12歳以上利用可能

MixChannel(ミクチャ)

利用規約:なし
iOSの年齢制限:17歳以上利用可能

YouTube

利用規約:13歳以上利用可能
iOSの年齢制限:17歳以上利用可能

TwitCasting(ツイキャス)

TwitCastingの利用規約

TwitCastingの利用規約

利用規約:13歳以上利用可能
iOSの年齢制限:12歳以上利用可能

モバゲー

モバゲーの利用規約

モバゲーの利用規約

利用規約:なし
iOSの年齢制限:12歳以上利用可能
ただしチャット(旧ミニメール)・友達検索・課金には年齢制限あり。チャットは13歳以下は利用できず、17歳未満はチャットできる相手の年齢に制限がある。18歳未満のユーザーが友達検索を行った場合年齢の前後2歳まで検索が可能。13歳未満は友達検索ができない。

GREE(グリー)

GREEの利用規約

GREEの利用規約

利用規約:なし
iOSの年齢制限:4歳以上利用可能
ただしチャット・友達検索・課金は年齢制限あり。チャットは13歳以下は利用できず、17歳未満はチャットできる相手の年齢に制限がある。18歳以上のユーザーと18歳未満のユーザーのチャットや友達検索はできない。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。