まだ「30歳までに結婚」しなければダメ?

undefined

30歳を目前に、まさかの同棲解消。描いていた未来の結婚生活もリセットとなり、もう何もする気がおきません……。


女性の適齢期を「クリスマスケーキ」に例えたのは昭和の昔。大学を卒業し社会人になる女性が増えたことから、25歳あたりで結婚する女性は減る一方、現在は29歳(※)が結婚のピークとなっています。
※厚生労働省・人口動態統計月報年計(平成27年)より

晩婚化が進んでいるとはいえ、出産年齢を考慮すると、呑気に構えてはいられないのが現実。20代後半の女性の多くは「30歳までには結婚したい」と考えています。

相手がいないならともかく、すでに恋人と同棲状態にあれば、結婚について検討するタイミング。しかし結婚には相手の合意も必要です。

彼氏が結婚を考えていない、何年経っても「今はまだ」と保留にされる……そんな意見の相違により、30歳を目前に同棲解消するケースは少なくありません。

また、女性の結婚願望に応えられない彼とギクシャクしてふたりの関係に亀裂が入ってしまったり、結婚前提に同棲をはじめてみたものの価値観の相違により関係が破たんしてしまうケースもあります。

いずれにしても、同棲までステップを進めていた恋人と、30歳目前に同棲解消するというのは大きなショックです。結婚どころか生活そのものまでリセットすることになったら、立ち直れないほど落ち込んでしまうかも。

だけど、いつまでも悲しみに浸るのは有意義なことではありません。「今のあなた」を内観し、心の整理を図ってこそ、これから訪れる30代の展望は明るいものになります。

現状の落ち込みから早く立ち直るためにも、この先を読み進めながら自身と対話してみましょう。