新月に金運パワーをアップさせるには

新月のときに願い事をすると、「その願い事が叶う」という話を聞いたことがある人も多いのではないのではないでしょうか。

新月を活用して金運パワーをアップ!

新月を活用して金運パワーをアップ!



これは日本のみならず、世界中で言われているもので月のパワーを利用して願望を成就させるという方法です。信じるか信じないかはともかくとして、手軽にできるゲン担ぎのひとつ。是非、一度はチャレンジしてみて下さい。

新月のパワーは増やすことに役立つ

新月は薄い三日月の形をしていて、これから満月に向かって大きくなっていくタイミング。このときには大きなパワーが流れており、願い事が叶うと言われています。願い事をするときには、2つ以上10以下の願い事を紙に書いておくと最も願いが叶いやすいと言われていて、一般的に広まっているルールでもあります。コツとしては、「○○しますように」「△△できますように」というのではなく、「○○しています」「△△できました」等、既に叶っている状態で願い事を書くことがポイントになります。

この際の願い事は何でも良いとは言われているものの、満月に向かって月が満ちていくことから、増やすこと、実を結ぶための願い事が良いとされています。

具体的なものとしては、預貯金を増やす、資格試験に合格する、恋愛・結婚などのプラスになることに効果があります。また、この日から新たなことを始めると長続きしやすく、成就しやすいと言われていますので、長期の目標を定めるのにも良い日になります。

満月のパワーは減らすことに役立つ

新月とは逆に、満月は徐々に月が欠けていくタイミングとなります。満月の日は最大限のパワーがあると言われていますので、このパワーを利用しない手はありません。ただし、満月の形が日に日に薄くなっていくマイナスになる時期なので、減らしたいことの願い事をするのに良い日となります。

借金を減らしたいときは満月の力を使う!

借金を減らしたいときは満月の力を使う!


具体的なものとしては、借入金がある場合には借入金を減らすことを願う、ダイエットを開始するなどに向いています。最近、何かと話題になっている高齢者の終活の一環として注目されている、自宅の整理などにも向いている日にもなります。また、大きなパワーのある日だからこそ、1日で完結するイベントやセミナーを開催する、プロポ―ズをするのも良いでしょう。

あって当たり前の「月」ですが、このパワーをライフプランやライフイベントに活用して、少しだけ遊び心を加えた生活を送ってみてはいかがでしょうか?

2017年の新月

1月28日、2月26日、3月28日、4月26日、5月26日、6月24日
7月23日、8月22日、9月20日、10月20日、11月18日、12月18日

2017年の満月

1月12日、2月11日、3月12日、4月11日、5月11日、6月9日
7月9日、8月8日、9月6日、10月6日、11月4日、12月4日

【関連記事をチェック!】
2017年・数秘&カラー活用で金運アップするには?
ポジティブFPの金運を呼び込む片付け&模様替え術


【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。