2016年末の調整が良い調整となった日本株市場

2016年最終週の東京市場は、外国人投資家の不在によって一段と商いが細くなりました。トランプ勝利以降、全て2兆円以上だった東証一部の売買代金は、16年最終週は一日を除き全て1兆円台に留まりました。唯一、売買代金が増えた日が12月29日(木)で、この日の日経平均は▼257円安と、同じく唯一大きく動きました。

静かに終了し、持ち株にも大きな変動は見られませんでした。主役の投資家不在となっては想定通りで、出来高を増やした日に下がったのはやや気になるところですが、さほど悪くもありません。テクニカルには、長期のサメーションインデックスが示すように強い上昇トレンドにあり、一方、短期にはマクレランオシレーター、騰落レシオともかなり冷めてきています。つまり良い調整位置となってきたように見えます。
長期指標のサメーションインデックスは強い上昇トレンドを示し、短期にはマクレランオシレーター、騰落レシオともかなり冷めてきている

長期指標のサメーションインデックスは強い上昇トレンドを示し、短期にはマクレランオシレーターが冷めてきている

セクター別には銀行セクターにまだ割安感が

2017年、年初に狙いたい割安セクターはこれ!

2017年の年初に狙いたい割安セクターはこれ!

ところで、2016年の日経平均は年初の急落やブレグジットによる急落後、またトランプ勝利による予想外の年末高と波乱に溢れる展開でしたが、年間を通してみれば、+80円66銭高(+0.4%)と辛うじてプラスとなったレベルです。ただし、TOPIXは年間▼1.9%の下落に終わり、年間ベースでの連勝が途絶えました。

東証リート指数は年間+6.2%と堅調でした。またマザーズ指数が+6.3%、東証二部が+10.6%など小型株指数の方が2016年はやや優勢となった模様です。リートや小型株は、やや調整の入った最後の2週で大きく主要指数をアウトパフォームしました。

業種別では、任天堂という特殊銘柄に左右される「その他製品」を除くと、「石油石炭製品セクター」「機械セクター」「卸売業(商社)セクター」が年間のトップ3業種でした。「医薬品セクター」は年間で▼10%下がり、終盤に最も強かった「銀行セクター」も▼8.3%安とワーストに近く、もしもこのあと、日本株に強気の基調が続くとするなら、まだまだ割安とも言えます。

ちなみに、もう少し短期的な視点から調整してきた業種を見ても「銀行セクター」が2016年の最終10営業日で▼3%以上もTOPIXをアンダーパフォームし、一時の加熱感が冷まされてきた印象です。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。