名古屋市内と周辺エリアの大晦日~元旦企画を紹介

さようなら2017年、こんにちは2018年! 年末年始は各所で、年の瀬と新年を盛り上げる催しが開催されます。名古屋市内および名古屋から行ける、カウントダウンイベントや初日の出が見られる施設、各スポットのスタッフによるアドバイス付きで紹介します。

名古屋城(名古屋市)
カウントダウンイベントなど催しが盛りだくさん

名古屋城は2017年12月23日~2018年1月14日まで「名古屋城冬まつり」を開催。カウントダウンライブは大みそかの午後9時~翌1時30分まで。地元アイドルのチームしゃちほこ、名古屋おもてなし武将隊、徳川家康と服部半蔵忍者隊など名古屋ゆかりのグループそろい踏みで、1年のしめくくりと新しい年の幕開けを盛り上げます。
カウントダウン

ライトアップされた名古屋城をバックに盛り上がるカウントダウンライブ


お正月は初開門に合わせてお得な催しが盛りだくさん。2018年1日~3日はお菓子や餅の大盤振る舞い、1日は市内唯一の国の天然記念物である初代尾張藩主・徳川義直公ゆかりのカヤの実の特製ラスク、干支の置物の無料配布があり(いずれもなくなり次第終了)。
名古屋城冬まつり

多彩なプログラムでいつもと違った名古屋城を楽しめる「名古屋城冬まつり」を開催。2017年12月23日~2018年1月14日


他にも、本丸御殿・鷺之廊下の新春特別公開(2018年1月1日~14日)、デジタルアートパフォーマンスの「チームラボ 浮遊する、呼吸する球体-名古屋城」(2017年12月23日~30日、2018年1月2日~14日、特別観覧料が必要)、オンラインゲーム「刀剣乱舞」特設カフェ(2018年1月5日~14日、有料)など、冬まつり限定の企画も多彩。この時期だけの名古屋城の楽しみ方を体験してみてください。

【スタッフからひと言】
「カウントダウンライブは深夜で冷え込みが厳しいので、しっかり防寒対策をしてお越しください。城内ではキッチンカーなどの営業もありますので、温かい食べ物、飲み物もとりながらお過ごしください」(名古屋城総合事務所・吉田さん)

名古屋城
・名古屋市中区本丸1−1
・TEL:052・231・1700
・地下鉄市役所駅より徒歩5分、浅間町駅より徒歩12分
・12月31日21時~1月1日2時、1月1日9時~17時
・大人500円、市内在住シニア(65才以上)100円、中学生以下無料
Yahoo地図情報

名古屋テレビ塔(名古屋市)
都心のド真ん中で初日の出

名古屋のシンボル、名古屋テレビ塔では新春恒例の「テレビ塔の初日の出」を開催。早朝6時に開場し、スカイデッキ(地上90m・屋内)とスカイバルコニー(地上100m・屋外)、展望階段を開放します。ビル群や遠くの山並みを少しずつ照らしながら昇るご来光をのぞみながら、一年の計を立てましょう。ちなみに日の出時間は例年7時頃です。
初日の出

名古屋テレビ塔は昭和29年に竣工された日本最古の電波塔。夜のライトアップも美しいランドマーク


初日の出

名古屋の街並が美しく照らし出される初日の出


【スタッフからひと言】
「例年、大変混雑するため、400名の入場制限を設けますのでご注意ください。スカイバルコニーは金網ごしに初日の出を望むことになりますが、屋外のため開放感があります。ただし、風が強いこともあり寒いので十分な防寒対策をしてお越しください」(広報・辻さん)

名古屋テレビ塔「テレビ塔の初日の出」
・名古屋市中区錦3-6-15先
・Tel:052-971-8546
・地下鉄栄駅、久屋大通駅より徒歩3分
・2018年1月1日6時~8時(最終入場7時30分)
・大人(高校生以上)1000円、小人(小中学生500円)
Yahoo地図情報

ミッドランドスクエア(名古屋市)
東海随一の眺望からの初日の出

東海随一の高さ約220mを誇るミッドランドスクエア。展望施設のスカイプロムナードで元旦だけの特別早朝営業を開催。名古屋城やテレビ塔、ナゴヤドームなど市内の全貌を見渡し、その向こうには木曽などの山並みが。街が徐々にオレンジ色に染まり、太陽が顔をのぞかせると拍手と歓声が上がり、一体感も味わえます。
初日の出

東海最高峰の眺めは抜群。屋根がないので、防寒対策を忘れずに

 

【スタッフからひと言】

「例年、エレベーターが込み合います。日の出の時間に間に合わない、なんてことにならないよう余裕をもっていらしてください。展望フロアは屋根がないので朝は冷え込みます。ご来場者全員にカイロのプレゼントいたしますが、しっかり着込んでお越しください」(広報・林さん)

ミッドランドスクエア
・名古屋市中村区名駅4-7-1オフィス棟44~46階スカイプロムナード
・TEL052・527・8877
・地下鉄名古屋駅より徒歩4分
・初日の出営業/2018年1月1日5時30分~8時30分(最終入場8時)
・入場料金 大人750円、シルバー・中高生500円、小人無料
Yahoo地図情報
 

ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)
東海地区最大級のカウントダウンライブ!

年越しイベントとしてすっかり定着した感のあるラグナシアのカウントダウンライブ。今年も「LAGUNA TEN BOSCH New Year´s COUNTDOWN 2018」が12月31日に開催します。

カウントダウン

年越し~年明けはここで、というファンも多いラグーナテンボスのカウントダウンライブ

出演アーティストは名古屋のヒップホップシーンのけん引車、SEAMO(シーモ)やソロアーティストとして新たなスタートを切った田口淳之介など8組。ナビゲーターをZIP-FMのMEGURUと白井奈津が務めて会場を盛り上げます。年越しの瞬間には会場にいる全員によるカウントダウンのかけ声とともに、盛大な花火が夜空を照らします。
 

ラグーナ

盛大な花火で新年を迎える


イベントの入場券はテーマパーク・ラグナシアのパスポート付きなので、朝10時から入園でき1日中楽しめます。夜には新登場の水上イルミネーション「青の宮殿」などのイルミネーションとプロジェクションマッピングも。さらにイタリアンレストランやワゴンの数店舗は深夜まで営業するので、寒い夜も温まって食事をしながらライブも楽しむことができます。

【スタッフからひと言】
「チケットはお得な前売り券を是非ご購入下さい。前日の12月30日までコンビニなどで販売しています。当日はJRの終電と始発に合わせてパーク~駅間の無料シャトルバスを運行するので、お車がない方や渋滞を回避されたい方はご利用ください。パーク閉園後も天然温泉・ラグーナ湯やショッピングモール・フェスティバルマーケットは早朝まで開いているのでゆったりとお過ごし下さい」(広報・青柳さん)

「LAGUNA TEN BOSCH New Year´s COUNTDOWN 2018」
・ラグーナテンボス ラグナシア 愛知県蒲郡市海陽町2-3
・TEL:0533-58-2700(9時~17時30分)
・JR名古屋駅から蒲郡駅まで約40分、蒲郡駅からラグーナテンボスまでバスで約15分。車の場合は東名高速音羽蒲郡ICから約20分
・2017年12月31日10時~2018年1月1日1時(ライブは20時開始)
・前売り券/大人(中学生以上)4680円、小学生3280円、幼児(3歳以上)2380円 当日券/大人5100円、小学生3500円、幼児2500円
Yahoo地図情報

ツインアーチ138(愛知県一宮市)
愛知のワイドな景観とともに楽しむ初日の出

“一宮”にかけた138mの2つのアーチが交差するツインアーチ138。元旦は早朝開場し、地上100mの展望階からの初日の出を見られます。広大な濃尾平野がゆっくりとオレンジ色に染まっていく景観は幻想的。ワイドな景観に大きな抱負を抱くことができそうです。

初日の出

一宮市のシンボル、ツインアーチ138から初日の出を望む


【スタッフからひと言】
「定員は230名で朝6時より先着順に整理券を配布します。天候によっては定員に達する場合がありますのでご注意ください。参加された方には温かいぜんざいのサービスもご用意しています。900台分の無料駐車場がありますので、お車でお越しいただけます」

国営木曽三川公園 138タワーパーク
・愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3
・TEL:0586-51-7105
・東海北陸自動車道一宮木曽川ICより約8分
・2018年1月1日 朝6時~
・ツインアーチ138展望階利用料 大人500円、シルバー(65才以上)250円、小人(6歳以上15才未満)200円、幼児100円、3才以下無料
Yahoo地図情報

ナガシマスパーランド(三重県長島町)
LIVE&花火&アトラクション&温泉!

カウントダウン

カウントダウン、花火、ライブ、アトラクションと思い切り楽しめるナガシマの大晦日+お正月

名古屋からもほど近い東海地区最大級のアミューズメント施設、ナガシマスパーランドは、年越し~新年のイベントも華やか。「NAGASHIMA COUNTDOWN&NEW YEAR´S PARTY」はアーティストによるライブで盛り上がり、「蛍の光」を合唱して2017年に別れを惜しみながらカウントダウン。新年の幕開けと同時に約1500発の盛大な花火が打ち上がります。当日は園内のアトラクションが乗り放題の上、「長島温泉 湯あみの島」も追加料金なしで入浴可能。大いに盛り上がり、大いに癒されて1年のスタートを切ることができます。

【スタッフからひと言】
「20時の遊園地オープン直後は込み合います。車で約15分のなばなの里は21時まで営業しているので、こちらでイルミネーションを楽しんでからご来場するとスムーズです。入場したらまずお目当てのアトラクションに。0時以降は園内は比較的空きますが、冷え込みが増すと人気機種が休止することもあるので、最初に気になる乗り物はクリアし、天候と時間に余裕があれば0時以降に再度チャレンジするのがお薦めです。2018年1月18日でラストランを迎えるホワイトサイクロンもこの機会に是非ご体験ください。ニューイヤー花火は特設ステージ前の広場がベストスポット。大観覧車をバックにしたワイドな花火をご覧いただけます!」(広報・山敷さん)

「AGASHIMA COUNTDOWN&New Year´s Party 2017」
・ナガシマスパーランド 三重県桑名市長島町浦安333 
・TEL:0594-45-1111(9時~17時)
・名古屋駅名鉄バスセンターから直通バスで約50分、車の場合東名阪道・長島ICから約15分、伊勢湾岸自動車道・湾岸長島ICからすぐ
・遊園地/2017年12月31日20時~2018年1月1日3時 長島温泉 湯あみの島 20時~5時
・前売り券/大人(中学生以上)5000円、小学生3900円、幼児(2歳以上)2300円 当日券/大人5500円、小学生4300円、幼児2500円
Yahoo地図情報

木曽三川公園センター(岐阜県海津市)
イルミや夜景と合わせて楽しむステージ&花火

国営木曽三川公園の木曽三川公園センターでは、大晦日から元旦にかけて「年越しカウントダウンステージ&花火」「木曽三川のお正月2018~展望タワーから初日の出を見よう!」を開催。カウントダウンステージはアイドル、お笑い芸人、ミュージシャンが登場し、出演者と来場者が一緒にカウントダウン。0時15分からは年明けを祝う花火が打ち上がります。観覧無料なので気軽に足を運べます。

カウントダウン

無料で楽しめるカウントダウンステージ&花火


また、年越しのイルミネーション(12月31日16時30分~1月1日0時30分)や、展望タワーの夜間開館(1日0時30分まで)もあるので、夜の景観を楽しみながら過ごすこともできます。

初日の出は園内の展望タワーで。朝6時半に開園し、高さ65mの展望室からご来光を拝めます。先着200名に温かいスープのプレゼントもあり、ほっこり温まりながら新しい年を迎えられます。
 

初日の出

360度のパノラマビューが広がる展望タワーから初日の出を望める


【スタッフからひと言】
「無料大型駐車場があるのでどうぞお車でお越しください。例年夜10時頃から駐車場付近の道路が込んでくるので、渋滞を避けたい方は少しお早めの到着をお薦めします。また当公園と近隣の神社3か所を巡るスタンプラリー・新春絵馬めぐりも1月1日から3日まで実施します。4カ所のスタンプを集めていただくと素敵な景品が当たる抽選会に参加できるので、是非神社の初詣と合わせてお回りください」(広報・若林さん)

国営木曽三川公園 木曽三川公園センター「木曽三川のお正月」
・岐阜県海津市海津町油島255-3
・TEL:0584-54-5531
・東名阪自動車道・弥富ICから約15分、長島ICから約10分
・12月31日/9時30分~24時30分、1月1日/6時30分~16時30分
・カウントダウン&花火は無料、水と緑の館(展望タワー)入場料/大人620円、小人300円
Yahoo地図情報

金華山ロープウェー(岐阜県岐阜市)
初日の出だけでなく登頂・初詣と合わせて楽しむ

岐阜城を擁する金華山は山頂までのロープウェーの初日の出運転を実施。朝5時から運航し、山頂や天守閣、周辺の登山道から初日の出を望むことができます。

初日の出

山頂からの初日の出は周囲に木々が多いので早めにビューポイントを見つけたい


乗車先着500名に干支の戌の土鈴を、300名に幸運の破魔矢を、1000名に携帯カイロのプレゼントもあり。

例年2000人以上が訪れ、登山で山頂を目指す人も少なくないそう。徒歩で40~50分なので健脚の人は自力で登ってみるのも元旦の願かけにはいいのでは。ただし登山道には明かりがないので、必ず懐中電灯を持参しましょう。

【スタッフからひと言】

「毎年、山頂は大変な人出となります。31日夜~元旦は岐阜公園の岐阜市営駐車場が無料開放されますのでお早めにお越し下さい。ご来光後に、そのまま伊奈波神社へ参拝に行かれるのもおすすめです」(広報・大澤さん)

金華山ロープウェー
・岐阜県岐阜市千畳敷下257
・TEL:058-262-6784
・JR岐阜駅よりバスで約15分
・2017年1月1日5時~随時運行
・大人(中学生以上)片道620円、往復1080円、小人(4~11才)片道280円、往復540円
Yahoo地図情報




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。