古き良きスタイルを今に伝えるファミリー

ハーレーダビッドソン2017年最新のソフテイルファミリーを解説

ハーレーダビッドソン2017年最新のソフテイルファミリーを解説


排気量1,690ccのVツインエンジン「ツインカム103」を心臓とする、ダイナと双璧をなすビッグツインファミリー、ソフテイル。1960年代以前のハーレーらしいスタイルを今に伝えるのは、このファミリーをおいて他にありません。

排気量1,690ccのツインカム103エンジンが全モデルに搭載

排気量1,690ccのツインカム103エンジンが全モデルに搭載


システムこそ最新の電子制御型でありながら、スタイルは伝統そのものと言える45度Vツインエンジンを搭載。そう、「ハーレーは壊れやすい」は過去のイメージで、今のハーレーはどれだけロングツーリングを楽しんでもエンジントラブルに見舞われるなんてことはまずありません。それでいてノスタルジックなビジュアルを今に受け継いでいるところは、ハーレーダビッドソンならでは、と言えるでしょう。


見どころは美しきトライアングルを描くリジッド型フレーム

ツインショック構造のダイナに対し、ソフテイルのフレームは専用のリジッド型が採用。古き良き時代のトライアングルシルエットが大きな見どころだ

ツインショック構造のダイナに対し、ソフテイルのフレームは専用のリジッド型が採用。古き良き時代のトライアングルシルエットが大きな見どころだ


ソフテイルファミリーを語るうえで欠かせないのが、この「ソフテイルフレーム」です。現代バイクの常識でもあるリアサスペンションという存在も、1950年代以前はその概念そのものが存在せず、フレームエンドにリアホイールをマウントする「リジッドフレーム」が主流でした。

時代とともにバイクも進化し、ツインショックやモノショックなどより快適なライディングを楽しむシステムが開発されるなか、ハーレーは「伝統のリジッドスタイルを遺そう」と、リジッド型の最新フレーム「ソフテイルフレーム」を開発。一見するとリアサスペンションが見えませんが、実はフレームの真下に特殊なサスペンションが内蔵されているのです。シルエットは1950年代当時のままながら、仕様は現代のロードシーンに対応できるものとなっている、まさに技術の結晶とも言えるフレームこそソフテイル最大の特徴と言えます。

それでは、そんなソフテイルファミリーの各モデルの特徴をご紹介していきましょう。


FLSTN ソフテイルデラックス

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTN ソフテイルデラックス(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTN ソフテイルデラックス(2017年モデル)


前後16インチホイール&ファットタイヤを備えたビッグヘッドライトモデル「FL」。ハーレー創世記の代表的スタイルで、今は他のファミリーでFLスタイルを踏襲したスポーツスター・フォーティーエイトやダイナ・ファットボブなどがありますが、やはりリジッドスタイルで継承してこそのFLスタイル。なかでもこのソフテイルデラックスは現ファミリーの中でも「FL御三家」と呼ばれる一台で、現代風のきらびやかなデザインに加えて安定感あるライディングパフォーマンスが魅力のモデルです。

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTN ソフテイルデラックス(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTN ソフテイルデラックス(2017年モデル)


随所に配されたクロームパーツにホワイトリボンタイヤ、そしていわゆる「アメリカン」そのままのスタイルは、デビューから10年を超えてなお支持されるほどの人気を誇ります。ハードキャンディーカスタム、カスタムカラーなどカラーリングのバリエーションも増え、そのままカスタムテイストを楽しめる仕様に進化したソフテイルデラックス。見た目とは裏腹に抜群の乗りやすさを発揮してくれるので、ロングツーリングでこそその能力を最大限に発揮できることでしょう。

・キャラクター:★
・乗りやすさ:★★★
・カスタムしやすさ:★★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,378,000円
・モノトーン:2,420,000円
・ツートーン:2,458,000円
・ハードキャンディー:2,461,000円
・カスタムカラー:2,461,000円

[スペック]
全長2,410mm/車重333kg/シート高670mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,690cc/エンジン:ツインカム103/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)MT90 B16 M/C 72H(R)MU85 B16 M/C 77H

>> ソフテイルデラックスの試乗インプレッション記事を読む



FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック(2017年モデル)


「ヘリテイジ=遺産」。その名のとおり、ハーレーの遺産とも言える古き良き時代のスタイルをそのまま再現したヘリテイジ。時代を感じさせるスタッヅ付きのサドルシート&サドルバッグ、スポークホイール&ホワイトリボンタイヤから成るFLスタイル、ややチョッパーライクなハンドルバーと、1950年代のハーレーそのものとして仕上げられています。ラインナップ歴も30年以上と、四半世紀も愛され続けているモデルでもあるのです。

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック(2017年モデル)


より快適な乗り心地を求め、メーカーは日々進化しているわけですが、一方で由緒ある歴史を受け継ぐという使命も帯びています。このヘリテイジはハーレーにとって生き字引とも言える存在で、ヘリテイジが存在し続ける限りハーレーがハーレーらしくあることを見失うことはありません。エンジンが進化し、一層快適なライディングが楽しめつつも伝統を感じられるモデルとして、頂点に君臨する存在だと言えるでしょう。

・キャラクター:★★
・乗りやすさ:★★
・カスタムしやすさ:★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,458,000円
・モノトーン:2,500,000円
・ツートーン:2,538,000円
・カスタムカラー:2,541,000円

[スペック]
全長2,405mm/車重347kg/シート高690mm/ホイールベース1,625mm/排気量1,690cc/エンジン:ツインカム103/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)MT90 B16 M/C 72H(R)MU85 B16 M/C 77H

>> ヘリテイジソフテイルクラシックの試乗インプレッション記事を読む


FLS ソフテイルスリム

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLS ソフテイルスリム(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLS ソフテイルスリム(2017年モデル)


ヘリテイジ、デラックスと並んで「FL御三家」を形成するニューカマー。そう、新顔でありながら伝統のFLスタイルを与えられ、それでいて大御所2モデルと明確なキャラクターの違いを生み出しているスリム。そのキャラクターとは、1950年代当時、このFLスタイルをベースに未舗装路でのモーターサイクルレース用にカスタムされたレーサースタイル「ボバー」なのです。

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLS ソフテイルスリム(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLS ソフテイルスリム(2017年モデル)


・キャラクター:★★
・乗りやすさ:★★★
・カスタムしやすさ:★★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,208,000円
・モノトーン:2,250,000円
・ツートーン:2,288,000円

[スペック]
全長2,345mm/車重321kg/シート高650mm/ホイールベース1,635mm/排気量1,690cc/エンジン:ツインカム103/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)MT90 B16 M/C 72H(R)MU85 B16 M/C 77H

>> ソフテイルスリムの試乗インプレッション記事を読む


FLSS ソフテイルスリムS(Sシリーズ)

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSS ソフテイルスリムS(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSS ソフテイルスリムS(2017年モデル)


一言で言えば、前述のソフテイルスリムの上位モデルです。しかしそんな言葉で片付けられるマシンではないのがこのソフテイルスリムSというバイク。最大のポイントは、ハーレーのラインナップで最上位モデルだけに許された究極のエンジン「スクリーミンイーグル・ツインカム110」(排気量1,801cc)を搭載していること。排気量1,690ccよりもパワフルで凶暴なエンジン、これを載せ替えるとなると50万円以上は確実にかかります。それがわずか30万円以内に収まっているのだから、お買い得というほかありません。

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSS ソフテイルスリムS(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSS ソフテイルスリムS(2017年モデル)


何より、この凶暴なエンジンが軽量でコントローラブルなスリムSに搭載されたことがすごい。元々は400kgを軽く超える重量級バイクのために生まれたパワー系エンジンを無装備で軽量なスリムSに積んでいるんです。ひとたび走り出せば、リミッターオフとなったツインカム110が唸りをあげること間違いなし。スタンダードモデル以上の暴れ馬を手に入れたい人にぜひ。

・キャラクター:★★★
・乗りやすさ:★★★
・カスタムしやすさ:★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,488,000円
・モノトーン:2,530,000円
・ツートーン:2,358,000円
・ハードキャンディー:2,461,000円
・カスタムカラー:2,541,000円

[スペック]
全長2,345mm/車重321kg/シート高650mm/ホイールベース1,635mm/排気量1,801cc/エンジン:スクリーミンイーグル・ツインカム110/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)MT90 B16 M/C 72H(R)MU85 B16 M/C 77H

>> ソフテイルスリムSの試乗インプレッション記事を読む


FLSTF ファットボーイ

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTF ファットボーイ(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTF ファットボーイ(2017年モデル)


もはや語り草となったファットボーイの伝説が生まれたのは1991年。ハリウッド映画『ターミネーター2』で主演のアーノルド・シュワルツェネッガー扮するターミネーターが、デビューまもないファットボーイを駆る姿は当時の若者に強烈なインパクトを与え、以来ファットボーイは人気モデルとしての地位を不動のものとしました。

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTF ファットボーイ(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTF ファットボーイ(2017年モデル)


元々前後16インチのFLスタイルだったディッシュホイール(お皿のように一枚ものの板となったホイール)も今では17インチ化し、より足元のインパクトが強まりました。一枚板なので、湾岸ロードなどで強烈な横風を受けると車体ごと持っていかれる困ったちゃんでもありますが、そんなところがいかにもアメリカンバイクらしくて面白いのです。カスタムのバリエーションも豊富なので、自分だけのオリジナルバイクに仕上げるのもまた楽し、ですね。

・キャラクター:★★★
・乗りやすさ:★
・カスタムしやすさ:★★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,278,000円
・モノトーン:2,320,000円
・ツートーン:2,358,000円

[スペック]
全長2,385mm/車重333kg/シート高670mm/ホイールベース1,635mm/排気量1,690cc/エンジン:ツインカム103/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)140/75 R17 M/C 67V(R)200/55 R17 M/C 78V

>> ファットボーイの中古車解説を読む


FLSTFB ファットボーイロー

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTFB ファットボーイロー(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTFB ファットボーイロー(2017年モデル)


ファットボーイの弟分にあたるローは、その名のとおりファットボーイをローダウンさせた足つきの良いモデルです。加えて、ディッシュホイールやフロントまわり、リアのストラットなどなど随所がブラックアウトされたダークな仕上げになっているところも特徴的。同じ名を冠しながら、明らかに異なるキャラクターへと昇華しているわけです。

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTFB ファットボーイロー(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FLSTFB ファットボーイロー(2017年モデル)


ローダウンのメリットは足つきだけではありません。他のモデルに比べてとりわけ重い17インチディッシュホイール最大の特徴は、ハイウェイ走行時の直進安定性の高さ。これがローダウン化することで重心がさらに低くなり、より高い直進安定性を実現しているのです。バンク角がなくなりコーナーでステップボードを擦りやすいというデメリットも生じますが、ロー&ロングスタイルを目指す人にはうってつけのベースモデルとも言えるでしょう。

・キャラクター:★★★
・乗りやすさ:★
・カスタムしやすさ:★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,328,000円
・モノトーン:2,370,000円

[スペック]
全長2,385mm/車重333kg/シート高660mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,690cc/エンジン:ツインカム103/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)140/75 R17 M/C 67V(R)200/55 R17 M/C 78V

>> ファットボーイローの試乗インプレッション記事を読む


FLSTFBS ファットボーイS(Sシリーズ)

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSTFBS ファットボーイS(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSTFBS ファットボーイS(2017年モデル)


見た目はファットボーイローそのままですが、エンジンがスリムSと同じく「スクリーミンイーグル・ツインカム110」(排気量1,801cc)にアップしたモンスターバイク、ファットボーイS。ロー以上に黒く、そして凶暴。このエンジン搭載によって、ローのキャラクターがより一層際立った形になります。

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSTFBS ファットボーイS(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン Sシリーズ FLSTFBS ファットボーイS(2017年モデル)


目指したのは、メガクルーザー。元々直進安定性に秀でたローによりパワフルなエンジンを搭載したことで、重ったるさの残るローがグングンとハイスピードで駆け抜けられるようになっているのです。こちらも差額は30万円以内とお値打ち価格。究極のファットボーイがここに存在します。

・キャラクター:★★★
・乗りやすさ:★★
・カスタムしやすさ:★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,628,000円
・ブラックデニム:2,670,000円

[スペック]
全長2,385mm/車重333kg/シート高660mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,801cc/エンジン:スクリーミンイーグル・ツインカム110/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)140/75 R17 M/C 67V(R)200/55 R17 M/C 78V


FXSB ブレイクアウト

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FXSB ブレイクアウト(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FXSB ブレイクアウト(2017年モデル)


フロント21/リア18インチというホイールサイズに、リアタイヤ幅が240mmというカスタム色満載のブレイクアウト。ワイドグライドに匹敵するロングホイールベースは、ハーレーカスタムの王道スタイルとされるロー&ロングをそのまま表現しており、なおかつ真一文字のドラッグバーに両足を突き出すフォワードコントロールステップと、そこに行儀の良さは微塵もありません。文字どおり、不良のバイクと言えるでしょう。

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FXSB ブレイクアウト(2017年モデル)

ハーレーダビッドソン ソフテイルファミリー FXSB ブレイクアウト(2017年モデル)


上位モデルにCVO プロストリートブレイクアウトというモデルがありますが、それはこのスタンダードモデルにカンパニーならではのエッセンスを加えたカスタムモデルという位置付け。逆説的に言えば、このブレイクアウトをカスタムベースとして、自分だけのオンリーワンバイクを作り上げることこそ最大の楽しみでもあるのです。今、ブレイクアウトのカスタムパーツは社内外問わず数多く排出されているので、カスタムのバリエーションは無限大と言えます。自らその可能性に迫ってみてください。

・キャラクター:★★★
・乗りやすさ:★
・カスタムしやすさ:★★★

[メーカー希望小売価格](消費税込)
・ビビッドブラック:2,399,000円
・モノトーン:2,441,000円
・ハードキャンディー:2,482,000円
・カスタムカラー:2,482,000円

[スペック]
全長2,385mm/車重320kg/シート高650mm/ホイールベース1,630mm/排気量1,690cc/エンジン:ツインカム103/タンク容量18.9リットル/タイヤサイズ(F)130/60 B21 M/C 63H(R)240/40 R18 M/C 79V

>> ブレイクアウトの試乗インプレッション記事を読む


ダイナファミリーのエンジンが同じくツインカム103となったことにより、ソフテイル各モデルのキャラクターが一層際立ったようにさえ思えます。何より、変わらぬ姿勢でノスタルジックなスタイルを継承しているところがソフテイル最大の魅力であり、他メーカーでは決して真似できないハーレーらしさが匂い立つモデル群なのです。最寄りのハーレーダビッドソン正規ディーラーや試乗会イベントなどで、実車に触れてみてくださいね。

■関連記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。