日銀発表後に日経平均は乱高下!今後の見通しは?

日銀金融政策決定会合の結果発表後に日経平均は乱高下しました。その理由を探ります

日銀金融政策決定会合の結果発表後に日経平均は乱高下しました。その理由と今後の見通しを書いていきます。

9月21日に発表された日銀の金融政策決定会合の結果では「長短金利操作付き量的・質的金融緩和の導入」という新しい枠組みが発表されました。この枠組みの要点は2つあります。1つは長期・短期金利に目標値を設定して、その目標に誘導するように国債の売買を行う「イールドカーブ・コントロール」(従来は一定額の国債を購入していたものを、目標金利に調整するように購入額を調整しようというもの(直近では長期金利が0%になるように購入額を調整)。もう1つは物価が2%を超えるまでは金融緩和を継続するという「オーバーシュート型コミットメント」です。

今回の発表直後に日経平均は急落し、為替も円高に動きましたが、すぐに株高+円安に切り替わりました。しかし、その後は円高が進み、日経平均先物も売られています。これはどのような経緯だったのでしょうか?

まず、最初に円高に振れ、日経平均が下がった理由は、単純に量的緩和の目に見える拡大が示されなかったことと思われます。

日銀の政策は決して悲観すべき内容ではない

しかし、その直後に銀行株が牽引する形で株価は上昇し。それにつられて円安に転じました。銀行株が上昇した理由は4つあると思います。

1、まず、「オーバーシュート型コミットメント」で長期に渡る景気刺激継続が強く約束されたことが評価されたこと
2、銀行の利益の源泉は短期金利と長期金利の差ですが、「イールドカーブ・コントロール」において、長期金利(10年物国債の金利)がほぼ0%で推移するようにコントロールを行ってイールドカーブのスティープニング化(イールドカーブの傾きが急になること=短期金利と長期金利の差が拡大する)を行うとあったため、銀行の業績悪化懸念が後退したこと
3、直前までは銀行の収益悪化懸念につながるマイナス金利の深掘りが発表されるとの予想もあり、銀行株は下がっていたのですが、結局マイナス金利の深掘りは発表されなかったこと。
4、ETFの買い入れについて、年間買い入れ額5.7兆円のうち2.7兆円をTOPIX連動型対象にする(日経平均型は半分以下になる)と発表され、これによって時価総額の大きな銀行株の買い入れが増えることにつながったこと。

このような背景から銀行株が急反発し、銀行株が牽引する形で株高、円安が起こったわけです。

なお、株式市場終了後に行われた黒田総裁の記者会見では今回の検証結果が説明されました。そのあたりから、今回発表された政策は金融機関に配慮する内容であっただけで、具体的な量的緩和の拡大はなく、量的緩和の限界もみられるという報道が増え、投機などによって徐々に円高となり(22日(木)が日本の祝日で為替の売り仕掛けへの思惑があったこともあると思われます)、その後の日経平均先物も21日(水)の終値から下げているのだとみられます。しかし、21日(水)のFOMCでは利上げが見送られ、ナスダック総合指数は最高値を更新しており(22日(木)も続伸)、その後の22日(木)には日経平均先物も大きく反発。これはFRBが利上げを見送り、日銀が金融緩和を強化する中で世界の株式市場全体がリスク選好型となった動きによるものと思われるところです。

以上を考えますと、日銀の取った今回の政策は株式市場にとって、報道されているほど、悲観すべきものではないと考えます。銀行株が急騰したように、「オーバーシュート型コミットメント」で長期に渡る景気刺激継続が強く約束されたことは一定の効果があると思います。また、FRBが利上げを見送り、金融緩和が世界的に強化される中で、株価の底堅い地合はさらに高められたと見ることができると考えます。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。