30代はスキルアップや質の向上が大切

自己投資とは、将来の収入アップを図るものや将来の自分の為に使うお金のこと です。時間はかかりますが、お金を使って学んだり経験を積みながら、将来の収入アップに向けて取り組んでいきます。自分の成長なくして、より大きな成果や収入を得ることは出来ません。

30代女子の自己投資

30代女子の自己投資



20代は社会や仕事に慣れる時期ですが、30代になると、仕事や生活を質の高いモノにしていく為に自分を磨く時期でもあります。専業主婦でも社会復帰に向け30代にスキルアップや質の向上をすることは、40代、50代の仕事での立場や収入面で大きく差が生まれてきます。

だからこそ、40歳の折り返し地点に向けて、スキルアップ、質の向上を図り、働き方にもフォーカスして仕事と向き合う時期だと感じます。

ベンジャミン・フランクリンの名言『自己投資は、一番高い利子をあなたに支払う。』

収入の1割を自己投資に使おう

自己投資は資格取得に限らず、読書やセミナー受講費、視野を広げる為の旅行代などがあり、定義としては「将来お金を生み出す可能性のある支出」が自己投資費となります。ただの自己啓発にしないように、将来の収入に反映させましょう。

収入の1割は未来に自分に投資をすると決めて有効にお金を使いたいものです。30代にもなると社会人として恥ずかしくない大人になっている必要があるでしょう。身に付ける物も上質な物を取入れブランドに負けないよう自分の価値を高めていくことも必要です。内面と外観の両方をバランスよく成長させていきましょう。

好きな事を選ぶ

資格や講座を選択する時も「お金になりそう」「職に困らなそう」という観点ではなく、自分の大好きなことやワクワクするモノを選択しましょう。大好きな事や興味のある分野、ワクワクすることだと人は、時間を忘れて夢中になることができます。更にくじけそうになっても踏ん張ることができます。

得意な事を選ぶ

努力しなくてもできるような得意な事は、その人の才能と言えます。好きだけど、不得意というものよりは、「好き」と「得意」の掛け算をして才能を伸ばしていきましょう。

お金を出して学ぶ

いきなり大金をつぎ込むのではなく、まずは自分を試すという意味で損をしても家計に支障がでない程度のことから始めてみましょう。

「お金を出してでも学びたい」というものを選ぶのがポイントです。無料の講座よりは有料の講座のほうが、教える方も学ぶ方も真剣です。結果的にメンター(師匠)や切磋琢磨できるような仲間と出会えることも有料講座の良い点です。

お金は人の役に立って初めて手に入れる事ができます。だからこそ、自己投資で自分を磨き、多くの人の役に立てるか否かで、その後の収入に差が出てくるようになります。又「お金」だけではなく、その過程で得られる人生経験や人との出会いは素晴らしい宝物となり人生を更に深く豊かにするでしょう。

消費だけの日々ではなく、自分の可能性や価値を高める為にお金と時間と労力を自分に投資します。大人になってからの勉強は、学生の頃と違いとても楽しいものです。より素晴らしい人生を送る為に大切な自己投資、あなたも始めてみませんか?

【関連記事をチェック】
パートの「106万円の壁」どう考える?良い働き方とは
世帯収入アップも!専業主婦が仕事復帰するポイント
家計管理に自己投資費という項目を設けるメリット

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。