iPhone 7が発表され、プチお祭り騒ぎが起きている。発売は2016年9月16日からで、すでに予約が殺到している状態だ。現時点で、買うかどうか悩んでいると言うことは、発売日には手に入らない可能性が高いので、焦らずに吟味できる。まずは、iPhone 7/7 Plusのトピックをおさらいしよう。

iPhone 7/7 Plusが発表された。発売は9月16日から

iPhone 7/7 Plusが発表された。発売は9月16日から



3大変化は、防水、FeliCa、ヘッドホンの廃止

6から7へのメジャーバージョンアップなので、変更点は多い。インパクトの大きい順に3つ挙げるとするなら、防水防塵対応、Felica対応、ヘッドホン端子の廃止となる。
メジャーバージョンアップで大きく進化したiPhone

メジャーバージョンアップで大きく進化したiPhone


■防水・防塵性能はいかに?
いよいよiPhoneが防水・防塵性能を備えることになった。等級は「IP67」。これは、防塵が6級性能、防水が7級性能ということ。具体的には悪影響が出るような粉じんが端末内部に入らないし、30分間水中に付けても壊れない、ということ。

飲み物をこぼしても、トイレに落としてもすぐに拭いたり拾ったりすれば大丈夫だし、海辺や川辺で使い、砂や水がかかっても問題なし。このあたりが弱くAndroidにユーザーを奪われていただけに、最大級のインパクトと言えるだろう。
iPhoneが防水・防塵機能を搭載した!

iPhoneが防水・防塵機能を搭載した!


■Felica対応でSuica利用が可能に

ニュースとして一番取り上げられているのは、iPhoneがFeliCaをサポートしたことかもしれない。Appleが提供しているモバイル決済サービス「Apple Pay」が日本でもスタートするが、クレジットカード以外にSuicaやSuica定期券も利用できるようになっているのだ。全国の駅やバスを快適に利用でき、約36万店舗での支払いに使うことも可能だ。

通常、Apple Payを使う場合はiPhone 7の指紋認証ボタンに指を置いたまま利用するのだが、Suicaで改札を通る場合は、ホームボタンに指を置かなくてもいいし、ポケットから出してそのままで認証できる。今までのようにタッチするだけで改札をスムーズに通過できるのだ。

ただし、今のところはおサイフケータイとして活用できるわけではない。WAONやEdyやnanacoは使えないし、PASMOなどのSuica以外の交通系サービスにも対応していないので注意が必要だ。
iPhoneがFelicaをサポート!

iPhoneがFelicaをサポート!


■ヘッドホン端子廃止の影響は?
3つめは、ヘッドホン端子がなくなり、イヤホンがLightning接続となった点。従来のイヤホンをつなぐための変換コネクターも同梱されるので、手持ちのイヤホンが使えなくなると言うことはない。

メインで使うイヤホンにコネクターを付けっぱなしにしておけば、使い勝手はそれほど変わらないかも。複数のイヤホンを使い分けているユーザーはやや手間がかかることになる。
10月下旬にワイヤレスヘッドフォン「AirPods」が登場する予定

10月下旬にワイヤレスヘッドフォン「AirPods」が登場する予定



ハードウェアは大幅進化、ラインナップの選択肢も増えた

ハードウェアは当然進化しており、プロセッサはA9からA10になり、メインカメラはF値が1.8と明るくなったうえ、インカメラは700万画素にアップした。さらに、7 Plusはレンズを2つ搭載し、2倍の光学ズームが可能になっている。

プロセッサが高性能化したのに、バッテリー駆動時間が長くなっているのもうれしいところ。iPhone 6から7は2時間、iPhone 6 Plusから7 Plusは1時間延長された。指紋認証センサーも第二世代に進化している。
開口部が大きくなりレンズが明るくなった

開口部が大きくなりレンズが明るくなった

iPhone 7 Plusは光学2倍ズームが可能

iPhone 7 Plusは光学2倍ズームが可能

ステレオスピーカーで臨場感のあるサウンドを再生できる

ステレオスピーカーで臨場感のあるサウンドを再生できる


液晶サイズは、iPhone 7は4.7型、7 Plusは5.5型と6s/6s Plusと変わらず。解像度やコントラスト比、画素密度も同じだ。ボディサイズも同じなのだが、重量はiPhone 7が5g、7 Plusが4g軽くなっている。

ラインナップも色々変わっている。ボディカラーはジェットブラック/ブラック/シルバー/ゴールド/ローズゴールドの5色に増え、ストレージも256GBモデルがラインナップしている。
カラーは5色。新色のジェットブラックが追加された

カラーは5色。新色のジェットブラックが追加された


価格はiPhone 7のSIMフリー版で32GB 7万2800円[税別]、128GB 8万3800円[税別]、256GB 9万4800円[税別]。iPhone 7 Plusは32GB 8万5800円[税別]、128GB 9万6800円[税別]、256GB 10万7800円[税別]で、円高の影響か前モデルよりは少し安くなっているのがうれしいところ。


手持ちの機種と端末に求める優先順位で買うか買わぬか決断する

iPhone 7/7 Plusは、「防水じゃないからiPhoneを選べなかった」という人なら即買いでいいだろう。iPhone 5S以前を使っている人も、迷わず買い換えをお勧めする。カメラやプロセッサの段違いの性能と最高に美しいディスプレイだけで大満足するはず。

おサイフケータイがないからiPhoneを選べなかった、という人は何をどう使っているのかを再確認。Suicaを使いたいのであれば、こちらも文句なしに買い換えていいだろう。ただ、ほかの電子マネーも使いたいなら、将来の対応を待ちたいところ。クレジットカードも、国内版はVISAに対応していないので要注意。

そもそも、Felica重視なら、「Apple Watch Serise 2」という選択肢もある。iPhone 5以降と連携し、Apple Payを利用できるのだ。こちらであれば本体よりはずいぶん安く済む。

悩ましいのがiPhone 6/6sのユーザーだ。防水やFelicaを重視するならいいが、現状のiPhoneに満足している人も多いだろう。きちんと使っていればiPhoneを濡らすようなことはないし、改札に端末を叩きつけたくないという人もいるだろう。その場合は、プロセッサの強化やバッテリー駆動時間の延長だけでは10万円前後を支払うのは難しいと感じるかもしれない。

デュアルカメラの光学ズームはとても面白そうなので、iPhone 7 Plusであれば買いやすいかも。ただ、人によってはPlusは大きすぎて、無印版がターゲットになるだろう。iPhone 6/6sユーザーで上記のポイントに惹かれないなら、今回は見送るという手もある。音楽好きで自前のヘッドホンで楽しむことが多いユーザーであれば、iPhone 7だとLightning変換コネクターが必要になるのでなおさらだ。

とは言え、iPhone 7/7 Plusは、期待のハードルが上げられまくった状態で、軽々飛び越えたと言える素晴らしい端末だ。事前に情報が漏洩しまくっていたので、発表会でのインパクトはなかったものの、魅力的であることは間違いない。

iPhone 6sユーザーだとしても、下取りに出せばある程度は安くなるし、ワンランク上の性能・機能には満足すること請け合い。ということで、結論としては、iPhone 7/7 Plusは多くの人にお勧めできる端末と言える。
iPhone 7/7 Plusは買い!

iPhone 7/7 Plusは買い!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。