2016年9月16日発売、予約は9月9日から

アップルは2016年9月8日、iPhone 7およびiPhone 7 Plusを発表した。発売は9月16日予定で、その一週間前の9月9日より予約注文が開始される。本体カラーは既存のシルバー、ゴールド、ローズゴールドに加えて、新たにブラックとジェットブラックが登場。容量は32GB、128GB、256GBのモデルが用意される。価格は以下の通り。
undefined

 

【iPhone 7】
32GB :¥72,800 (税別)
128GB:¥83,800 (税別)
256GB:¥94,800 (税別)

【iPhone 7 Plus】
32GB :¥85,800 (税別)
128GB:¥96,800 (税別)
256GB:¥107,800 (税別)

なお、ジェットブラック仕上げは128GBと256GBのモデルだけが用意され、Apple.com、Apple Store、Apple製品取扱販売店および一部の通信事業者を通じてのみの販売となる。


iPhone 7/7 Plusのデザインについて

iPhone 7/7 Plusでは、防沫性能と耐水性能を備えた。IP67等級に適合し、液体がこぼれたり、水しぶきを浴びた時にも本体をしっかりと守ってくれる。ディスプレイはRetina HDディスプレイを搭載。広色域により映画レベルの色、より鮮やかな彩度をユーザーに提供する。

ホームボタンは、新しいTaptic Engineと連携。ボタンを押すと触覚的な反応を正確に返し、しかもカスタマイズができるとのこと。

新たに追加されたふたつのカラーはともに黒色だが、仕上がりは異なる。“ブラック”は酸化皮膜処理されたマット表面が特徴で、“ジェットブラック”は高光沢の表面を持つ仕上がりとなっている。とくにジェットブラックは、酸化皮膜処理と研磨といった9ステップを経て均一な光沢を表現しており、横から見てもどこまでがアルミニウムで、どこからがガラスかがわからないような、こだわりの仕上げになっている。
undefined

 

カメラ性能がアップ、7 Plusはデュアルカメラ搭載

iPhone 7/7 Plusのカメラは光学手ブレ補正機能を搭載。より大きな開口部f/1.8の6枚構成のレンズは、より明るく、より精細な写真や動画を撮ることができる。また広色域キャプチャは、より生き生きとした色をさらに多くのディテールとともに捉えることが可能となった。

iPhone 7 Plusは12メガピクセルの広角カメラに加え、12メガピクセルの望遠カメラも備えており、両方を使うことによって光学2倍ズーム、デジタルで最大10倍ズームのレンズのような撮影を実現する。
iPhone 7 Plusはデュアルカメラに

iPhone 7 Plusはデュアルカメラに

また、年内には、iPhone 7 Plusの12メガピクセルのデュアルカメラを用いて被写界深度エフェクトのある画像を撮ることができるようになるという。機械学習を含む高度なテクノロジーで背景と前景を分け、これまでデジタル一眼レフカメラでしか撮れなかったような写真を撮ることもできそうだ。


iPhone 6の最大2倍の早さ、バッテリー駆動も最長

iPhone 7/7 Plusに搭載されるA10 FusionチップのCPUは、iPhone 6より最大2倍高速の2つの高性能コアと、高性能コアの5分の1の電力で動作可能な2つの高効率コアをシームレスに統合した4つのコアを持つ。グラフィックス性能もよりパワフルになり、iPhone 6より最大3倍高速で動作しながらも半分の電力しか使用しない。

バッテリーの駆動時間はiPhoneシリーズ最長で、さらに余裕ができた。一世代前のモデルと比べた場合、その余裕はiPhone 7で最長2時間、iPhone 7 Plusで最長1時間になるという。


Suicaなどの電子マネーが使えるように

iPhone 7/7 Plusの登場と合わせて、Apple Payの提供も開始される。iPhoneにクレジットカードの情報を紐付けることで、クイックに、そして安心、安全に毎日の様々な支払いに利用することができるというもの。日本独自の仕様として、FeliCa Type-F NFC非接触技術を搭載し、JR東日本が発行する乗車カード・電子マネー“Suica”にも対応する。
FeliCa対応は10月下旬から

FeliCa対応は10月下旬から

また10月にはiOS 10のマップが国内の交通機関情報に対応する予定で、これによりApple Payのユーザーは最新の運賃と時刻情報に基づいて主要な鉄道、地下鉄、フェリー、全国の路線バスを含む経路を計画し、支払いを行えるようになる。

Apple PayにSuicaカードを追加しておけば、予定した経路の運賃が残額を超えるとチャージが必要なことを知らせるアラートが表示され、デバイス上ですぐにチャージが可能。また、日本の地下鉄の出口や乗り換えなども、ていねいなナビゲーションにそって簡単に確認できるそうだ。


オーディオ面も進化、ステレオスピーカーを搭載

iPhone 7/7 Plusでは、スピーカーが本体上部と下部に設置され、ステレオスピーカーに。オーディオ出力はiPhone 6sの2倍となっている。イヤホンジャックは廃止され、Lightningコネクタで接続するEarPodsが付属。また、3.5mmのヘッドフォンアダプタも付属するので、古いヘッドフォンやアクセサリも従来と同様に使用することが可能だ。
コネクタを使えば従来のイヤホンも使える

アダプタを使えば従来のイヤホンも使える


また、ワイヤレスヘッドフォンの“AirPods(エアボッズ)”が登場。耳に装着されたことを感知し、音楽を聴ける状態のときにだけ音楽が再生され、左右のAirPodsを耳から外すと音楽が自動的に一時停止され、片方を外せば、会話をした後に耳に付け直すだけで自動的に音楽が再開されるという仕様。また、AirPodsをダブルタップするだけでSiriにもアクセスでき、音楽の選曲やコントロール、音量の変更、バッテリーの充電状況のチェック、その他のタスクをSiriに頼むことが可能。AirPodsはApple.comおよびApple Storeで、10月下旬より発売される。価格は16,800円[税別]。


【関連サイト】
Apple:iPhone 7


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。