日銀のETF買いで上がる銘柄は?

日銀のETF買いで上がる銘柄を探して投資することは、ある程度効果がありそうです

日銀のETF買いで上がる銘柄を探して投資することは、ある程度効果がありそうです

下値不安少ない日経平均、更なる上昇へ向かうか!?
でも書きましたが、日銀のETF買いのインパクトは過去の外国人投資家の買い越し額と日経平均へのインパクトから、恐らく月に400円ほどあると思います。年間では打ち消し合う月もあっておよそ2,000円近い下支え効果があるでしょうか。

日銀は下がったときに買う傾向があります。そしてETFの買い入れによって大きなインパクトを受ける銘柄があれば、株価が下がったところはそれらの銘柄の買いチャンスになるとも言えると思います。下記は16年8月12日時点の株価を利用し、ガイドがその時点で推計した日銀ETF買入インパクトの大きな銘柄リストトップ20です(時価総額の変動がありますので最新の順位は随時変わっていきます)。ETF買い入れ額の50%強を日経平均型に、残りの大半をTOPIX型に、5%弱をJPX400指数型に入れる想定で計算しています。
時価インパクトの大きな銘柄にとって日銀の買いは非常に大きなインパクトになる

時価インパクトの大きな銘柄にとって日銀の買いは非常に大きなインパクトになる

日銀インパクト上位銘柄はレバレッジ型ETFをも上回る好パフォーマンス

そして下記は8月3日(日銀ETF買入倍増実施前日)から8月31日までの前述の銘柄の直近騰落率です。8月4日に日銀が初めて一日当たり700億円を超える買入倍増を実施した前日より、8月末までの騰落率を取っています。この間、日経連動型ETFは+5%、そして2倍動く同レバレッジ型ETFで10.2%の上昇という具合ですが、上記の日銀インパクト上位銘柄がレバレッジ型ETFをも上回る好パフォーマンスとなっております。
日銀インパクト上位銘柄はレバレッジ型ETFをも上回る好パフォーマンス

日銀インパクト上位銘柄はレバレッジ型ETFをも上回る好パフォーマンス

日銀買入インパクト第1位のミツミ電機は+32.2%高と上昇率トップでしたが、平均的な日経平均採用銘柄は、日経ETF並みの+5%と考えると、如何に日銀介入のインパクトが大きいか分かります。東証一部の4社に1社で公的マネー(年金ファンドと日銀)が筆頭株主となっている状態です。この状態が健全なのか?という問題はともかく、少なくとも日銀の買い入れは今後も続くわけですから、その影響を上手く利用するのは1つの良い方法だと思います。

参考:日本株通信

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。