オーダーカーテンが、日常の景色をドラマチックに変える

柔らかなラグを踏んで、ベッドに入り、沢山のクッションに囲まれながら読書するひと時。カーテン越しに差し込んできた朝日で目が覚め、肌触りのいいスローケットを体に巻きつけて、ソファーに移動する休日。憧れの風景の中の登場人物のように自分を扱う覚悟、と言ったら少し大げさかもしれませんが。

たとえば高価なバッグや靴で着飾るのと同じような金額で、映画のようなインテリアを実現できるとしたら……。たまのお出かけに着飾るよりも、毎日過ごす家の中での暮らしが変わる方が心の満足度が高いはずです。

www.cinqrideau

レースを重ねた繊細な光の透けかたが美しい窓辺のカーテン。ゆったりと床に溜まるように垂らしたスタイルもリラックスムードを高めています。このファブリックの魔法は、高価なバッグや靴と同じように、 少し背伸びをすることで良質な暮らしが手に入れられます。/使用生地:【縦長のレース】SAHCO(サコ)“シアー”、【窓上部のレース】MANAS-TEX(マナテックス)“ベガ”


自分の理想とするインテリアを整えるには、まずできるだけイメージを共有できる画像をスクラップしておきましょう。例えば映画のワンシーンでも、SNSで見かけたスナップでも構いません。

そして相談する相手としては、センスを共有できるインテリアコーディネーターや、インテリアショップの店員さん等、いくつかの選択肢が考えられます。その中でも今回は、自分で作り上げていく感覚をより楽しめる「オーダーカーテン専門店」をご紹介します。

※記事内の写真キャプションは「メーカー名 “生地名” 生地巾 メートル単価」で表記
※メートル単価:生地の1mあたりの値段

オーダーカーテン専門店のショールームでできること

■サンプルを組み合わせてイメージを膨らませることができる
オーダーカーテン専門店のショールームでは、生地見本を実際に組み合わせて、手触りや透け感等も確認しながら、トータルのイメージを膨らませることができます。様々なスタイルの窓辺の演出アイテム(カーテンレールやタッセル等のアイテムも)、生地取りの都合で出た端材で作るお揃いのクッション、それに合わせてラグやカーペットを組み合わせる作業はとても楽しい時間です。

最初はこの窓、次にあの窓を、といったように少しずつアイテムを増やして、レイヤーを重ねるようにコーディネートの完成までの道筋をつけることができます。

生地見本の画像

サンプルで質感や、色の組み合わせを確かめながら、欲しい機能と予算に合わせて仕様を決めていきます。


■作りたい雰囲気に見合った素材、生地、仕立てを提案・見積りを取ってもらえる
あまり縮んだり伸びたりせず、洗濯しても型が崩れないなどの機能面が重視されて、化学繊維のポリエステルが主流となっています。

一方で、風になびくふわりとした独特の風合いは、麻(リネン)、綿、シルクを中心とした天然素材が主流です。寸法を安定させるために縫製前にひと手間かけたり、ある程度縮むのを前提に床にたゆませた時の美しさを楽しむ長さにしたり、裾に大きく折り返しをつけたりと、機能に見合ったデザインの提案と、具体的な見積りを取ってもらえます。

オーダーカーテンの予算は10万円がひとつの目安

カーテンの金額を決める計算式は「布代」 + 「縫製代」です。そして布代と縫製代を決める基本となるのは、カーテンの「サイズ」。オーダーカーテンの価格感をつかむためには、まずはカーテンを設置する場所に必要なサイズを把握しておきましょう。

■カーテンの採寸方法
掃き出し窓採寸の画像

カーテンの採寸方法(掃き出し窓の場合(クリックで拡大)


undefined

 カーテン採寸の際に必要なカーテンレールの基礎知識(クリックで拡大)


予算10万円あれば、掃き出し窓(人の出入りができる大型の窓)1枚から、オーダーカーテン専門店に相談することができます。

既製品によく用いられる1.5倍ヒダ(※)仕様で、掃き出し窓に天井から床まで吊るすカーテンを依頼する場合の計算式(めやす)は下記のようになります。 寸法を測る箇所は、窓の巾ではなく、カーテンレールの巾というところがポイントです。

※窓カーテンレールの幅の1.5倍の生地を使用しヒダを作る縫製

■布代の計算方法
【1】布の使用量 × 【2】メートル単価 = 【3】布代

・【1】布の使用量
既製レール巾1800mmで両開きの場合:
2700mm(1800mmのレール巾に対して1.5倍の生地が必要) + 200~250mm(両開きの場合は、縫い代の生地が必要) = 2900~2950mm

厚手のカーテン生地(生地巾:1400mm)の場合、2巾(2800mm)または3巾(4200mm)が必要になります。
レースのカーテン生地(生地巾:3000mm)の場合、1巾(3000mm)が必要になります。

・【2】メートル単価
輸入オーダーカーテン(都心部の店舗)の平均価格:
厚手のカーテン生地 12000円/m
レースのカーテン生地 = 9000~10000円/m

・【3】布代
厚手のカーテン生地の場合:
12000円/m × 2巾(または3巾) = 24000円(または36000円)
レースのカーテン生地の場合:
9000円~10000円/m × 1巾 = 9000~10000円

■縫製代の計算方法(オーダーカーテン専門店ごとによって異なります)
1.5倍ヒダ(8000円/m2 程度)の場合:
2.4m(天井までの高さ) × 2m(窓の巾)× 8000円(単価)= 38400円

以上がオーダーカーテンの価格を計算する方法です。あくまでも目安ですので、詳しい見積もりはお店で相談するようにしてください。

ちなみに、高価な生地を用いる場合、ヒダをとって生地代が膨らむよりも、シェードやフラットカーテンの方が抑えた価格で効果的な窓辺を作ることもできます。

次は専門店だからこそ提案してもらえる世界観や、アイデア・アイテムの具体例をご紹介します。

個性的なレース生地を絵画のように仕上げた小窓

貴婦人の横姿フラットカーテン

使用生地:FISBA(フィスバ)“BEAU MONDE(ボウ モンド)” 生地巾3180mm( *横リピート1970mm) 36600円/m 


上の写真のように、開いている時は布をピンと平面に張り、たたむ時に紐でたくしあげる機能がついているものを「シェード」と呼びます。シンプルでカジュアルな印象を空間に与えます。布の模様を絵画のように配置する演出をしたい場合や、予算をおさえたい場合にも使用する布の使用量が最も少ないので、おすすめのスタイル。

風合いの異なるリネン生地で作る、奥行きのある窓辺の風景

www.yokodobashi.com

使用生地:【厚手のカーテン】VILLANOVA(ヴィラノヴァ)“コペンハーゲン” 生地巾:3100mm 17000円/m【レース】VILLANOVA(ヴィラノヴァ)“キューバ”生地巾3100mm 17000円/m

www.yokodobashi.com

レースの生地の端を「細三つ巻き」で仕上げてもらっているので、雨の日はリボンとアンティークブローチでギャザーをよせた“ピーコックスタイル”を楽しむことも


オーソドックスで見慣れたスタイルではありますが、生地の風合いで空間の質ががらりと変わるのが面白いところ。厚みのあるリネンとレース生地に大きな目の平編みリネンを使っているので、同素材で奥行きのある窓辺を演出しています。通常の既製品のカーテンは大体この写真のような1.5倍ヒダの仕立て方をしています。

ロマンチックでリッチな雰囲気を演出してくれる、お揃いのカーテン

階段室の2倍ヒダカーテン

腰窓に天井からレースをかけた窓辺と、階段仕切りカーテンの明かりとり部分のレースに有効利用/使用生地:【レース】creation baumann“サファイアクラッシュ” 生地巾3100mm 25900円/m【厚手のカーテン】オリジナルシャンタン


シルクシャンタンのような艶感のあるニュアンスカラーの生地に、明かり採りの機能としてレースの生地を目線の高さに縫製したシックでロマンチックなカーテン。カーテンひとつで、空間に柔らかさと、静かな華やかさを添えています。窓の幅に対して2倍の長さの布を使い、たっぷりとギャザーを寄せて仕上げるスタイルです。たっぷり寄せたギャザーは、保温・防音効果も高いという側面もあります。

ファブリックでゆるやかに繋がる室内窓のある風景

シェードの画像

使用生地:オリジナルリネンライク生地 生地巾1500mm 3000円/m


ローマンシェードとカーテンの画像

縦のラインが室内にきて、外側にシェードの横のラインがくるのが美しい窓辺 /使用生地:オリジナルリネンライク素材生地 生地巾1500mm 2500円/m


完全に仕切ると狭かったり、繋がっていても見られている気がして落ち着かない。そういった場合に有効な室内窓に、透け感のある生地でシェードをかけた事例。生地越しに人の気配が感じられるのがファブリックの魅力になります。外部との仕切りには、シェードの内側に厚手のカーテンを足して保温効果も高めます。

布で空間に絵を描くような、色の配置

クリーンでシンプルなインテリアに、アクセントカラーのブルーが映える窓辺。太陽の光を透かして風合いのある色味が空間にリズムをうみだしています。同素材の異なる色を縫製してシェード仕立てにしています。

きりかえしの画像

使用生地:chelsea contract (チェルシー コントラクト)“C1124” 生地巾1390mm 4800円/m


憧れの数が多いほど、インテリアは素敵に仕上がる

海外旅行や映画などで、憧れの対象を若い頃から見ておくことは感性を育てます。インテリアは憧れの数が多いほど素敵にすることができる、一生楽しめる遊びのひとつです。少しずつ貯めたお金で、できるところから日常の景色をドラマチックに変える体験を皆さんも楽しんで頂けると嬉しいです。

■取材協力
・サンクリドー

輸入高級生地オーダーカーテン専門店ならではの提案力のあるお店。自社縫製工場・クリーニング工場があるので、オーダーカーテンが手頃な価格で手に入り、メンテナンスもお願いできるのが魅力です。ゆっくり選びたい人向けに、無料カーテン貸し出しサービスも。

www.cinqrideau

洋服を選ぶ感覚でカーテン生地選びがしやすいよう、サンプルがハンギングされており、中央の大きなテーブルで合わせてコーディネートできます


【店舗情報】
住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢5-1-15
最寄り駅:
小田急線・千代田線「代々木上原」駅・北口より徒歩7分
小田急線「東北沢」駅より徒歩5分
営業時間:11:00-19:00 水曜日定休
TEL:0120-656-489
FAX:03-3465-6489
営業時間:水曜日定休



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。