ヒント1 より収入を得るために、妻の働き方を見直す

50代を迎える頃になると、子供は成長し、手がかからなくなっている場合がほとんどです。今まで家事に専念していた、もしくはパートタイムで働いていた妻であれば、より多くの収入を得るために、チャンスがあれば契約社員や正社員で働くことを考えてみてはいかがでしょうか?

50代以降の家計で貯金を増やすヒント

50代以降の家計で貯金を増やすヒント



ヒント2 転職や起業を考えている夫は次のキャリアを模索する

夫の場合では、起業など次のキャリアを考えている人や、現在勤めている会社の経営が危ない場合などは早期退職も視野に入れておくべきでしょう。一般的に早期退職の方が定年退職するよりも退職金の金額は多くなります。また、50代で自信があれば、今まで培った経験を元に、転職するなどのセカンドキャリアに挑戦することも可能です。転職した場合には、現在の収入よりも少なくなってしまうことが想定されます。

とはいえ、安定した転職先での定年退職までの期間が長くなれば必然とトータルの収入は多くなります。子供の手が離れた今、夫にとっても働き方は見直す必要があると言えるのではないでしょうか? そして早期退職を検討する場合には、支給金額と新たな働き口での収入を鑑みて、決めていくことが大切です。じっくりと検討して下さい。

ヒント3 生活レベルを変えていく

子供の手が離れた50代は、定年退職前の最後の貯められる期間でもあります。子供の教育費の負担が終わった、住宅ローンが完済した等で、気はどんどん緩みがち。でも、ここで考えて欲しいのが定年退職した後の生活のことです。

50代は金銭的なゆとりを得る人も多く、今まで以上に金銭感覚が派手になってしまう可能性も秘めています。定年退職後の収入は、今よりも少なくなることがほとんどです。一度上げた生活レベルを下げるのは、難しいことなのです。

退職後に苦労するよりも、今から定年退職後を想定した暮らしを送り、来るべきセカンドライフに備えていくことをお勧めします。

まずはセカンドライフでの収支をシミュレーションし、定年後の生きがい、ライフスタイル、食事、アクティビティ、旅行について等、夫婦で話し合い、何にどれだけのお金が必用なのかを明確にし、50代の今から、その生活に慣れておくようにしましょう。

50代は、金銭的な余裕のある人と住宅ローンの支払い等があり余裕のない人との開きが大きくなるタイミングでもあります。

「周りの人はこのようにしているから…」、「50代だからこれくらい使わないと…」とは思わずに、等身大で無理のない生活を心がけることも大切になります。また、その心がけが無駄遣いを省く方法のひとつでもあり、貯まる習慣を養うことになります。

【関連記事をチェック!】
60代で3000万円の貯金を目指す!3つのヒント


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。