10年で300万円を貯める方法とは

お金を貯めるコツは、まず、その目的を明確にすることです。あなたは、なぜ「貯蓄をしたい」と思ったのでしょう。ちょっと考えてみてください。           

お金を貯めるポイント

お金を貯めるポイント



お金を貯める目的は3つです

人生において、貯蓄の目的は、大きく3つあると思います。

1つは、生活防衛資金として。
ケガや病気などをして働けなくなったり、会社が倒産したり、事業が失敗して収入が途絶えてしまった時に、数ヶ月間生活できるだけの預貯金があると安心です。路頭に迷わなくてすみます。これが、生活防衛資金としての貯蓄です。

2つ目は、未来のための投資として。
子どもの教育費や家を買うための頭金など、将来必要になるお金や、旅行や車など、生活をより充実したものにするためのお金です。また、転職や起業、資格をとる、留学など、人生をステップアップするために使えるお金です。

3つ目は、リタイアメント後の資金として。
年金で足りない分を補うためのお金です。人は一度身についたものを変えるのは難しいものです。今の生活レベルを維持できるだけのお金を貯めたいものです。

貯蓄は今の収入から少しずつ積み上げて行くもの

あなたの今の収入は、毎月の生活費に使いますが、全部使い切ってしまったら、未来のためにお金を貯めることはできません。今、まったく預貯金がないという人は、今の支出を少し抑えて貯蓄に回して行く必要があります。

貯金が現在ゼロのあなたでも、300万円を作るためのコツをお教えしましょう!
期間を10年とすると、年間30万円の貯金ができれば目標達成できます!

お金を貯めるコツその1 「先取り貯金を今すぐ始める」

「余ったら貯金しよう」ではお金は貯まりません。
× 手取り収入—支出=預貯金

まず貯金、残りのお金で生活しましょう。
○手取り収入—預貯金=支出

年間30万円の貯蓄をするのには、2つのパターンがあります。

  1. 毎月2万5000円ずつ貯金する。
  2.  ボーナス時に大きく貯金する。
毎月1万円ずつ、ボーナス時に18万円というように。

今は、金利が非常に低い状態なので、預貯金ではなかなお金が増えないのが悩ましいところなのですが、本来は「複利の効果」はすばらしいもの。300万円貯まった後も継続して貯蓄していくことが大切です。

お金を貯めるコツその2 「貯金には手をつけない」

予想外のお金が急に必要になったとき、貯金を頼ってはいけません。貯金を下ろさなくて済むコツは、あらかじめ、年間で必要なお金を予算立てしておくことです。帰省代、まとめて支払っている保険料、車検代、冠婚葬祭費や洋服代、化粧品代も予算立てしておくとよいでしょう。

とにかく、毎月は必要ないけれど、大きなお金が必要なもの(臨時支出)を、あらかじめ予算として差し引いて考えます。

すると、毎月自由に使えるお金は、

{年間の手取り収入 − (年間貯蓄額 + 年間臨時支出の予算)}÷ 12ヶ月=毎月自由に使えるお金

となります。

例えば、手取り収入が350万円で、年間臨時支出が50万円の場合は、

{350万円−(30万円+50万円)}÷12ヶ月=22万5000円

毎月自由に使えるお金は、22万5000円です。

お金を貯めるコツその3「生活費の口座と貯金の口座を分ける」

お給料が振り込まれたら、まず貯金に回す分を引き出します。口座には、自由に使えるお金の22万5000円と年間臨時支出に回す分が残りますね。貯蓄は、ネット銀行など少しでも金利のよいところを探して預貯金をしてください。

お金を貯めるコツその4「自由に使えるお金の中で生活する」

毎月、予算内で生活することが大切です。買い物の前に、少し考えて、3つの支出に仕分けするとよいでしょう。

3つの支出とは、
  • 生活費としての支出
  • 自己投資(家族の投資)の支出
  • 心を豊かにする支出
です。

あなたが、今買おうとしているのは、3つのうちのどれに当てはまりますか?コンビニにお弁当を買いに行き、ふと、目についた雑誌。そして、おいしそうなスイーツ。カゴに入れる前に、この3つの仕分けを考えてください。

お弁当は、「生活費としての支出」ですね。では、雑誌やデザートのスイーツは?人によっては、いつも素敵な私でいるための「自己投資の支出」かもしれませんし、息抜きタイムの「心を豊かにする支出」かもしれません。でも、どこにも仕分けができないという人は、「ムダな支出」になりますね。

予算内で生活をするくせをつけていけば、自然にお金は貯まっていきます。

買い物の前には、心の中で「3つの支出のどれに当てはまるか」を考えてくださいね。どれにも当てはまらないものは、ムダな支出です。ムダな支出を失くすことが、予算内で支出を抑えるコツです。

お金を貯めるコツその5「12月末には1年間の決算を」

年間の収支を見える化して、ぜひ、翌年の計画を立ててみてください。貯蓄をもう少し増やしたいと思えば、収入を増やすか支出を減らすしかありません。生活費の3ヶ月分など、ある程度の貯蓄ができれば、医療保険などを解約することもできます。支出の削減効果の大きい、保険や住宅ローンの見直し、通信費の削減などをしてみましょう。

NISA口座などを利用して運用し、お金が増えるスピードを上げることもできます。とにかく大切なのはすぐに貯蓄を始めることです。まずは、300万円を目標にスタートしましょう!

【関連記事をチェック!】
「お金」って何?振り回されない人生にするためには
ずっと変わらない!お金が貯まる人の3つの習慣
老後破産しないための5つのルールとは【2017年】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。