石の由来と特徴

スポジュミンという鉱物の一種で透明な宝石質を持ち、紫からピンクの色合いのものをクンツァイトと呼びます。

スポジュミンの語源は、加熱すると灰色の塊に変わってしまう性質をもつことから、ギリシャ語の「燃えて灰になる」という意味に由来します。

クンツァイトは1902年にカリフォルニアで発見された比較的新しい石で、地名にちなんで「カリフォルニア・アイリス」という愛称がありますが、後に発見者であるクンツ博士の名前からこの名前になりました。

また、薄い緑色のものを「ヒデナイト」、黄色のものは「トリフェーン」と呼びますが、流通上全ての色はクンツァイトとして取り扱われています。

クンツァイトブレスレット

光や熱で退色しやすいので注意が必要

石のちから

  • 見返りを求めない無償の愛と純粋な気持ちを呼び起こす
  • 過去の恋愛でのトラウマを克服し、新しい恋愛に導く
  • 成熟した大人の女性らしさを引き出す
  • 他人への批判的な気持ちを抑制しコミュニケーションを豊かにする
  • 等身大の自分を好きになれる
  • クリエイティブな能力を高める


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。