スマートフォンの普及が進んでいますが、未だに折りたたみ式のケータイを求める声もあります。そうしたフィーチャーフォンのメリットとしては、テンキーが搭載されておりボタン操作がしやすい点と、耳と口に端末が近いため長時間通話でも負担が少ない点があります。ボタン操作や通話のしやすさを優先するユーザーは、スマートフォンよりも、携帯電話を選択した方が日常ユースは使いやすくなります。

このような携帯電話ユーザーに使いやすいスマートフォンがリリースされました。FREETELの「MUSASHI」です。4インチディスプレイを搭載しながら、携帯電話ライクな折りたたみスタイルでテンキーを内蔵しています。

MUSASHIの外観

MUSASHIを開いた状態

MUSASHIを開いた状態


さらに、畳んだ状態では、ディスプレイの裏側にある4インチディスプレイにてスマートフォンとして操作ができます。

MUSASHIを畳んだ状態

MUSASHIを畳んだ状態。裏表に画面がついている


NTTドコモの折りたたみ式携帯電話「SH-07F」(ディスプレイサイズ約3.3インチ)との比較写真です。

開いた状態(左からMUSASHI、SH-07F)

開いた状態(左からMUSASHI、SH-07F)


閉じた状態(左からMUSASHI、SH-07F)

閉じた状態(左からMUSASHI、SH-07F)


厚みの比較(左からMUSASHI、SH-07F)

厚みの比較(左からMUSASHI、SH-07F)


携帯電話とスマートフォンの操作のしやすさを両立させたMUSASHIの使用方法を紹介します。

MUSASHIの操作方法

MUSASHIを開いた状態では、テンキー操作がメインとなりますが、画面タッチも利用できます。テンキー操作では文字入力が快適です。さらに、カーソルキーと、カーソルキーの周囲にある4つのボタンを活用すると便利に利用ができます。

厚みの比較(左からMUSASHI、SH-07F)

厚みの比較(左からMUSASHI、SH-07F)


ホーム画面を表示している場合、ボタンの動作は以下のようになります。「メール」「カメラ」「ブラウザ」に関しては、ボタンでワンタッチで起動するので、便利に活用できます。また、「お気に入り」には、特定のアプリの登録が可能になるため、よく使うアプリを登録すると使いやすくなります。例えば、「Facebook」や「Twitter」など、SNSアプリを登録すると便利でしょう。

■ホーム画面表示状態のときのボタン操作
「メール/メニュー」ボタン→メールの起動
「カメラ/戻る」ボタン→カメラの起動
「お気に入り」ボタン→登録したアプリの起動(アプリの選択は「お気に入り」ボタンの長押し)
「インターネット」ボタン→ブラウザの起動

カーソルキー中央ボタン→アプリ一覧画面へ遷移
カーソルキー上ボタン→ホーム画面上のアイコン選択状態
カーソルキー下ボタン→連絡先の起動
カーソルキー左ボタン→着信履歴の表示
カーソルキー右ボタン→発信履歴の表示

また、アプリが起動しているときは、ボタンの機能が変化します。アプリによって動作が違いますが、代表的な機能としては、「メニュー」と「戻る」はボタンにより操作できます。また、スクロールやページ遷移をカーソルキーによって動作が可能です。特に便利なのが、「メール」では、カーソルキーの左右ボタンによって、メールを次々と読むことができますので、素早く閲覧が可能です。

■アプリ起動中のボタン操作
「メール/メニュー」ボタン→メニューの表示
「カメラ/戻る」ボタン→「戻る」動作
「お気に入り」ボタン→機能なし
「インターネット」ボタン→機能なし

カーソルキー中央ボタン→選択項目の決定
カーソルキー上ボタン→上スクロール
カーソルキー下ボタン→下スクロール
カーソルキー左ボタン→「連絡先」「メール」などではページ移動
カーソルキー右ボタン→「連絡先」「メール」などではページ移動

従来の携帯電話ユーザーであれば、テンキーは感覚的に操作ができると思いますが、スマートフォンユーザーの場合は、画面をタッチしてしまった方が操作としては早いかもしれません。テンキーと画面タッチを、組み合わせながら、自分の使いやすい方法を見つけることが活用のコツです。

文字入力に関しては、テンキー入力に慣れているユーザーにとっては、ハードキーの方が使いやすく感じると思います。4インチディスプレイに合わせて、大きなキーになっていますので、シニアユーザーにも使いやすくなっています。

またAndroidを搭載しているため、Google Playの豊富なアプリを利用できることは、携帯ユーザーにとって、非常に魅力的です。

二つ折りスタイルで、ボタンを内蔵したMUSASHIは、携帯ユーザーにとって、扱いやすい端末となるため、スマートフォン初心者で電話をメインで使いたいライトユーザーにお勧めできます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。