iPhone 5sのボディにiPhone 6sの性能を凝縮

かねてより噂されていた、アップルのiPhoneの新機種「iPhone SE」が、米国時間の3月21日、正式に発表されました。新製品としては一見地味に見えるiPhone SEですが、実は最も日本のユーザーにマッチしたiPhoneといえるかもしれません。

iPhone SE

アップルの新機種「iPhone SE」。iPhone 5sをベースに機能強化がなされたコンパクトモデルだ


発表内容からiPhone SEについて確認すると、これは現在の主力モデル「iPhone 6s」ではなく、4インチディスプレイを採用した2モデル前の「iPhone 5s」をベースに開発された新しいモデルとなります。それゆえiPhone SEは、ピンクゴールドのカラーが追加され4色展開となるものの、外観やサイズはiPhone 5sとほぼ同じですし、重量も1グラムしか違いがありません。ディスプレイの解像度も1136×640ピクセルと、やはり大きな違いはないようです。

iPhone SE

シルバー、スペースグレイ、ゴールドにピンクゴールドを加えた4色展開となる


ですがiPhone SEの中身を見ると、iPhone 5sと比べ大幅に変わっていることが分かります。CPUに「A7」ではなく、iPhone 6sと同じ「A9」を採用することで、パフォーマンスは2倍、画像処理性能は3倍へと大幅に高速化がなされています。

iPhone SE

CPUにiPhone 6sと同じ「A9」を搭載。性能は大幅に向上している


背面のiSightカメラも、800万画素から1200万画素へとパワーアップ。新たに4Kの動画撮影に対応したほか、Live Photosの撮影にも対応するなど、こちらも大幅な強化がなされているのが分かります。
iPhone SE

iSightカメラも1200万画素に強化され、4K動画撮影やLive Photosにも対応した


さらにiPhone SEにはNFCも搭載されており、Apple Payの利用も可能となっています。日本ではまだApple Payは利用できませんが、将来的に導入されることも考えられるので、搭載されていても損はないでしょう。こうした機能面を見ると、iPhone SEはコンパクトながら、いかにiPhone 6sに近い、高い性能を備えているかが分かるのではないでしょうか。

ちなみに、iPhone SEは最新の「iOS 9.3」が搭載されています。iOS 9.3では、就寝時や暗い所で利用する際、ブルーライトを軽減する「Night Shift」モードが搭載されたほか、「メモ」がTouch IDによる指紋認証のロックに対応するなど、いくつかの機能強化がなされています。

次は、iPhone SEのサイズ感がもたらす魅力について解説します。