ガイドは中学生になる娘をスマホデビューさせることにしました。しかし、ドコモやau、ソフトバンクといった携帯会社との契約ではなく、中古のiPhoneと格安SIMを入手しました。その経緯は「わが子のiPhone、安く持たせるなら中古+格安SIMで!」をお読みください。

子ども専用のApple IDでアプリのインストールを許可制にする

いよいよ設定を行います。Wi-Fi環境のあるところで格安SIMをiPhoneに挿入し、iPhoneを起動します。

iPhoneの設定を行う途中で、Apple IDの入力を求められます。子どもには専用のApple IDを作りましょう。13歳未満は保護者が管理者となってApple IDを作成することができます。子ども用Apple IDは管理者の「ファミリー共有」グループに追加されます。13歳以上の子どもは通常のApple IDを作成して、ファミリー共有に追加しましょう。

「ファミリー共有」では、アプリの購入に管理者の承認が必要になるように設定することができます。子どもがiPhoneで怪しいアプリをインストールしようとしても、親のiPhoneから許可を受けない限り、インストールできないのです。

set-01

「設定」の「iCloud」で「家族」をタップ。「家族を追加」で子どものApple IDを追加する。追加したIDの「承認と購入のリクエスト」をオンにする


set-02

子どもがアプリをインストールしようすると「承認を求める」ボタンが表示されるのでタップさせる。すると、親のiPhoneに通知が来るので、「入手する」で許可をする


これはとても有効な機能です。スマホを持ったばかりの頃は親の言うことを聞きますが、慣れてくると勝手に禁止していたはずのアプリをインストールしてしまうからです。また、画像交換アプリなのに出会いの要素が含まれているものもあり、知らないうちにトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。親が一度アプリを確認し、例えばマンガアプリなら閲覧時間を決めるなどの約束をしてからインストールさせることができます。

※ただし、この機能は保護者もApple IDを持ち、iPhone、iPad、 iPod touch、またはMacを利用している必要があります。

iPhoneの設定が完了したら、格安SIMの設定に進みます。こちらは各MVNOによって異なりますので、それぞれの説明に従って設定しましょう。

機能制限でSafariをオフに

続いて、機能制限(ペアレンタルコントロール)の設定を行います。これは、使わせたくないiPhoneの機能を制限する設定です。

「設定」の「一般」にある「機能制限」をタップします。機能制限には専用のパスコードを設定します。子どもに推測されないようなパスコードを設定しましょう。

続いて、制限したいアプリをオフにします。ここでオススメしたいのは「Safari」をオフにすることです。ブラウザが使えなければ、親に内緒でSNSアカウントを取得することもなく、アダルトな内容の広告を目にする機会もなくなります。

もし、ブラウザを使わせたい場合は、同じく「機能制限」の項目にある「Webサイト」をタップし、閲覧できるWebサイトを限定するとよいでしょう。また、暴力的な内容などをフィルタリングする有料アプリを利用する方法もあります。我が家では子どものSafariをオフにし、調べ物などブラウザが必要なときには親のiPadやiPhoneを使わせています。

set-03

どの機能を制限するかは年齢に合わせて親が決めよう


また、娘のiPhoneは「Twitter」、「Facebook」、「アカウント」も「変更を許可しない」にし、「GAME CENTER」をオフにしています。

iPhoneの使い方を娘と話し合う

これで娘用のiPhoneができました。iPhoneを渡す前に、娘と使い方について相談しました。

■iPhoneの使用は21時まで

次の日に支障がない時間ということで、21時にしました。21時から通知が鳴らない「おやすみモード」にしています。塾に通うようになったら、時間の変更を考えています。

■iPhoneはママが見たいときに見るよ

実際は特に見ることもないのですが、万が一のときのために約束しています。もちろんロック画面のパスコードの変更は禁止です。

■LINEの使い方はママに聞いてね

LINEは子どもたちにとってインフラとなっているアプリです。使わせないことは難しいでしょう。「友だちの自動追加」をオフにし、知らない人と「友だち」にならないことを約束しました。といっても、「有料スタンププレゼント」などの見知らぬアカウントとつながってしまう子は多いもの。わからないことや気になることが起きたら、友だちに聞かず、私に相談するよう約束しました。

それと、娘に「メール」アプリの使い方を教えました。友だちの中には、まだLINEを使っていない子もいます。携帯会社のEメールを連絡手段にしている友だちとは、iCloudのEメールアドレスでやりとりするように説明しました。

スマホは楽しくてつい夢中になってしまうもの。いつまで約束が守れるかわかりませんが、その辺りは成長や状況に合わせて柔軟に対応していくしかないでしょう。さあ、娘にiPhoneを渡し、かわいいiPhoneカバーを買いにお出かけです。楽しい中学生活が待ってるよ。


■関連記事
わが子のiPhone、安く持たせるなら中古+格安SIMで!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。