サージカルガイドを使用した低侵襲手術のために

パイロットドリルガイドとファイナルドリルガイド

2種類のサージカルガイド。左がパイロットドリルガイド。右がファイナルドリルガイド。


これまでのインプラント治療は、歯肉を切開して歯槽骨を目視しながら行う手術が主流でした。それにより患者さんの身体的負担は大きく、治癒期間も含め治療そのものに時間がかかってしまうという結果を招いていました。

患者さんの負担を軽減する低侵襲手術を実現するためには、切開を最小限に留めることが重要です。そのためには現在の歯槽骨や歯肉の状況を踏まえて事前にプランニングが可能なシミュレーションシステムを活用し、埋入位置や深さを決めたサージカルガイドを作成することが必要です。詳しくは、「インプラント事故を防止するシミュレーションシステム」「歯科インプラント治療でのガイデッド・サージェリー」記事もあわせてご覧ください。

ガイデット・サージェリーの種類

歯科インプラント治療を行う際にCTによる三次元データは欠かせません。そのデータをインプラント手術のシミュレーションソフトに入れて、最終上部構造をイメージした適切な位置にプランニングし、手術が正確になるようにサジカルガイドを作成します。これは的確に、安全にインプラント埋入手術を行うための心強い味方です。

サージカルガイドを使用しておこなう歯科インプラント手術を「ガイデッド・サージェリー」といいます。

ガイドにも様々なものがあります。インプラント埋入の最初の位置決め、初期埋入孔の形成を行うパイロットドリルの為のパイロットドリルガイド、パイロットドリルで形成した埋入孔を埋入するインプラント体のサイズまで徐々に拡大するためのファイナルドリルガイド。大まかにはこの2種類が挙げられます。

それぞれのガイドの役割と応用

インプラントの埋入位置決め、埋入孔の形成のアシスト役割のパイロットドリルガイドと最終的な手術で使用するファイナルドリルガイド。例えば、抜歯後インプラントを埋入する為の骨が完全に出来上がっていない時期に骨造成と共にインプラントを埋入する場合は、骨や歯肉の状況である程度位置と方向性をフレキシブルに対応することが出来るパイロットドリルガイドのみで手術をおこなったほうがよい場合もあります。新しくできつつある骨のデータをCTが読み込むには限界があるので、実際に直視しながらアジャストしたい時にピッタリです。

反対に、抜歯から長い期間が経過し骨量も十分で骨造成が必要ない場合は、埋入位置の微調整が必要な可能性が少ない為、最初からファイナルドリルガイドまでを作成することが殆どです。

シミュレーションソフトの現在

クラウド型シミュレーションソフト

シミュレーションソフトの色々。クラウド型はどこからでも内容の確認が可能。

最近ではパソコンにインストールするソフトだけでなく、クラウド型のインプラントシミュレーションソフトも登場しています。クラウド型であるため、インターネット上であればどこにいても内容を確認することやシミュレーションをすることが可能です。インストールの必要がないのでバージョンアップも簡単に行うことができ、さらには国民の半数以上が保有するスマートフォン用のアプリなどを配布している企業もあります。2017年現在、歯科インプラント先進国と言われている欧米や韓国では8割以上の人がスマートフォンを保持していますし、需要から生まれた必然的な結果なのかもしれません。インターネット業界の進化と共に歯科業界もより便利に進化しているのです。目まぐるしい進化に対応することも大切ですが、そちらに必死になるがあまり本来大切な安全性を損なうようなことがあってはなりません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。