外出や外回りでマップアプリを活用している方は多いかと思います。便利なのは現在地を表示させられ、自分がどこにいるのか分かるところですね。ところでiOSのマップアプリには待ち合わせに便利な機能が搭載されているのはご存知でしょうか。ちょっとした操作で自分がいる場所を相手に教えることができるのです。

それではiOSのマップアプリで自分の居場所を教える方法を紹介していきましょう。

現在地を表示させて共有

最初はマップアプリ上で自分の現在地を表示させます。アプリを起動したら、画面左下の矢印のアイコンをタップするとマップ上に青い丸が表示されるはず。これが現在地です。

iPhone,マップアプリ,共有,現在地

矢印アイコンをタップして現在地を表示


続いて画面右上にある共有アイコンをタップすると、共有シートが現れるかと思います。共有シートから、相手に教えるのに利用したいメールアプリまたはメッセージアプリを選択。すると、現在地へのリンクとvcfファイルが添付されたメール・メッセージが作成されるので、相手を指定して送れば完了です。

iPhone,マップアプリ,共有,現在地

共有アイコンをタップ

iPhone,マップアプリ,共有,現在地

共有シートが表示されるので使いたいアプリを選択

iPhone,マップアプリ,共有,現在地

選択したアプリの文面に現在地情報が記載されたリンクとvcfファイルが添付されるので、これを相手に送信


リンクまたはvcfファイルをタップして表示

メールやメッセージで受け取ったリンクまたはvcfファイルをタップすれば、iPhoneの場合は即、iOSのマップアプリが起動し、現在地が表示されます。Androidスマホの場合も、Googleマップアプリまたはブラウザのどちらか表示させることが可能です。

また、PCを使っている相手の場合でもブラウザを使って開くことができるようになっています。

現在地じゃなくても共有可能

今自分がいる場所を相手に教える方法を紹介しましたが、マップアプリの共有機能を使えば、待ち合わせ場所や行きたい場所など現在地でない場所も相手に教えることが可能です。

利用するにはまずマップアプリで目的地を検索して、マップ上にピンを刺します。その後は、先ほどと同じように共有アイコンをタップし、好きなアプリを選択して相手にURLを送るだけです。

iPhone,マップアプリ,共有,現在地

検索してピンを刺した場所も共有アイコンのタップで位置情報を送ることが可能


土地勘のない場所で待ち合わせする場合、場所となるランドマークがわからなくて困る場合があるかと思います。しかし、この方法でしたら直接、マップアプリ上に指定ができるので便利。また、場所がわからないという人に簡単に説明する方法としても有効でしょう。ぜひ、活用したい機能です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。