【新商品】 LIXIL 高性能窓「レガリス」

窓の開放感はそのままの高性能5層ガラスを取り入れた樹脂窓

窓には、採光や通風、眺めの確保、暑さや寒さを遮り快適な空間を生み出すなど、さまざまな役割があります。そのため、窓サッシは、デザイン性や操作性、耐久性はもちろん、断熱性の高さも重要なポイント。最近のメーカー商品をみても、サッシの素材や組み合わせるガラスを工夫を施すなどして、断熱性を高めた窓が多くみられるようになり、その性能はますます高まってきています。

LIXILからは、世界初(※1)「高性能5層ガラス」と「高性能フレーム」の高性能窓「レガリス」を 2016年4月1日から全国で発売。世界最高峰(※2)となる断熱性能(熱貫流率)0.55W/m2・K(※3)を実現し、壁とほぼ同等(※4)の断熱性能を持つ商品です。

※1、2:2016年 1月 20 日現在、自社調べ / 市販サッシ(単一ガラス構造)における窓性能・仕様比較 ※3:縦すべり出し窓(TF)16513 レガリス専用 5層ガラス(透明タイプ)社内試験値 ※4:熱抵抗 R2.2以上の断熱材 85mm を充填相当(U値=0.53W/m2・K)

高性能窓「レガリス」施工例

高性能窓「レガリス」施工例


■断熱性能、透明性を高めた高性能5層ガラス
「レガリス」の大きな特徴は、高い断熱性能を実現するため、専用の「高性能5層ガラス」が採用されていること。中央のガラスを除く4 枚が Low-E ガラス(特殊な金属膜を表面にコーティングしたもの)となっており、高性能ガス(アルゴンガス)を封入することで、断熱性能を高めています。

また、遮熱性の高いLow-Eグリーンガラスを室外側に、透過性の高いLow-Eクリアガラスを室内側および中間部に配置することで、耐久性に悪影響を及ぼすガラス内部の温度の上昇やガラス中央部と端部の温度差を抑え、5層ガラスでありながら透明性が確保されているのも特徴でしょう。

■トリプルガラスと同等の重量
日々開閉する窓サッシは、その操作性も重要です。複数枚のガラスを用いたサッシの場合、どうしても重量があり、使い勝手が悪くなってしまいがちですが、「レガリス」は、2ミリと1.3ミリの特殊薄板ガラスを使用することで、5枚のガラスでありながら 一般的なトリプルガラスと同等の重量。開閉操作も楽に行うことが可能です。

■フレームの性能も高め、断熱性と耐久性もアップ
ガラスだけでなく、フレームにも工夫が施されています。見込寸法を大きくし、中空層(ホロー)を増やすとともに、断熱材を入れることで、フレームの断熱性と耐久性を高め、また、同時に、断面形状にも工夫を加え、強度を確保しながら、フレームを極限までスリム化。総厚66ミリの5層ガラスながら、従来の樹脂窓に比べて、フレームの見付寸法(正面から見えるフレームの幅)を細くすることで、ガラス面積が約5%拡大しています。断熱性やデザイン性だけでなく、室内に明るさと開放感を得ることができるでしょう。

その他、窓の重量をしっかりと窓台(窓を取り付ける下部にある横架材)に載せることで、躯体の負担軽減に配慮、既存商品(高性能樹脂窓「エルスターX」や高性能ハイブリッド窓「サーモスX」等)と同一物件での使い分けも可能です。品種は、縦すべり出し窓、横すべり出し窓、開き窓、FIX 窓、テラスドア、勝手口ドア。カラーは、 外観4色(ホワイト、ブラック、オータムブラウン、シャイングレーM)と 内観1色(ホワイト)が 揃っています。

窓の断熱性能は、ますます高まってきています。もちろん、住まいの断熱性能は、単体で検討するものではなく、建物全体で検討することが大切ですが、ひとつひとつの建材の性能が高まり、商品バリエーションが増えることで、間取りプランや空間のつくりのバリエーションも多彩となるのではないでしょうか。

■概要
[基本性能] ※一部機種・サイズにより該当しないものがあります。
断熱性能:縦すべり出し窓(TF)16513 レガリス専用5層ガラス(透明タイプ)社内試験値
気密性能:A-4(2)等級
水密性能:W-4(35)等級
遮音性能:等級 3(住宅性能表示)
耐風圧性能:S-2(120)等級
枠仕様:枠出幅 65mm、躯体掛かり 36mm

[参考価格]
縦すべり出し窓 アングル無枠 レガリス専用5層ガラス(透明タイプ) サイズW:640 mm×H:1170mmの場合
350,000円
※ガラス込み、組立代・網戸代・配送費・消費税は含まず。

[詳細情報] LIXIL  




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。