石の由来と特徴

和名は曹灰長石といいます。
曹灰長石とは「ラブラドライト」のことで、斜長石(プラシオクレース)のグループに属します。
名前にムーンストーンとついていますが正式な名称は「ホワイトラブラドライト」です。
ムーンストーンはアルカリ長石グループです。

ラブラドライトと同じく、光の干渉で起きる黄色、緑、青などの美しい虹色の光がみられるラブラドレッセンスが特徴的です。

ブルームーンストーン、ロイヤルブルームーンストーンとして間違って売られている場合もありますが、色々な角度から見て少しでも青以外の色に光るところが見られた場合はレインボームーンストーンということになります。

高品質なものほど美しく幻想的な虹色をみせてくれます。
レインボームーンストーンブレスレット

石の名称は実際の成分などと関係なく見た目で付けられることが少なくありません

 

石のちから

・オーラバランスの修復。
・想像力や直観力を高める。
・過剰なエネルギーを鎮め、正常な状態に戻してくれる。
・心の平穏と落ち着きを取り戻す。
・物事を多面的にみる事ができる。

人当りの強い性格や発言を緩和する効果もあるので、感情に身を任せがちな方におススメです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。