色の対比、色の混合で生まれる微妙な色のグラデーション

パテを塗ったところもローラーで重ね塗りします。平らな面と小さなパテ跡が残る面とのコントラストが「表情」をつくりだします。

また、自然光や照明の明かりが当たると小さな凸凹に陰影が生まれ、柔らかい「表情」に。

パテ跡が残る面にローラーで塗っていきます。

パテ跡が残る面にローラーで塗っていきます。 ●クリックすると拡大します。


ホワイト色部分、コーラルピンク色部分ともに2度塗りするときれいに仕上がります。

サイドに幅180mm、厚さ25mmのブナ無垢材を取り付け、壁面(天井)ペイント関連作業は完了!

2色に塗り分けた壁面undefined

2色に塗り分けた壁面 ●クリックすると拡大します。

窓からの自然光が美しく映える壁面

窓からの自然光が美しく映える壁面 ●クリックすると拡大します。


コーラルピンクとホワイトによる色の対比、色・光の混合で生まれる微妙な色のグラデーションが素敵でしょう!


温水洗浄便座交換取付・確認の流れは?

壁面ペイントが完了したら、いよいよ温水洗浄便座交換に移ります。

新温水洗浄便座を取り付ける前に内容確認をします。

新ウォシュレットのパッケージの画像

新温水洗浄便座のパッケージ ●クリックすると拡大します。


パッケージを開封し、取扱説明書や部品の確認をします。

新ウォシュレットのパッケージの画像

新温水洗浄便座のパッケージ ●クリックすると拡大します。


実際の作業に入る前に温水洗浄便座交換作業は次のような流れで行いました。

温水洗浄便座交換取付・確認の流れ

  1. 準備: 電気プラグをコンセントから抜く/水道の元栓を閉める
  2. 古い分岐金具・タンク給水給水管をはずす
  3. 古い温水洗浄便座を取り外す
  4. 温水洗浄便座を便器に取り付ける
  5. 分岐金具・タンク給水ホースを取り付ける
  6. 本体給水ホースを取り付ける
  7. 水漏れなどの点検
  8. 電気プラグをコンセントに差し動作を確認する

では、早速古い温水洗浄便座の取り外しから始めます。

古ウォシュレットが付いた状態の画像

古い温水洗浄便座が付いた状態 ●クリックすると拡大します。


2.古い分岐金具・タンク給水給水管をはずす

まずは、水道の元栓を締め、古い給水管の給水弁をマイナスドライバーで締めます。この場合、床に水が漏れますので必ずタオルや雑巾を床に敷いておくと良いでしょう。

古い給水管の弁をマイナスドライバーで締めるundefined

古い給水管の弁をマイナスドライバーで締める ●クリックすると拡大します。


次回は、『古い温水洗浄便座を取り外す』から『完成』までです。

………………………………………………………………………………………
■今回の関連リンク

o1

 


実演!自分で床を張替え
【カーペット剥がし+下地作り】







ol

 


【デザインとワインとあんぽんタン】
更新中です♪
石川 尚のオフィシャルブログ





☆不定期配信、暮らしのデザイン情報・デザインコラムをお送りしています!・・・『ファニチャーメルマガ』、登録(無料)はこちらから。

★ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!

☆掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

Copyright(c) イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE) All rights reserved



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。