まじで怖いけど、景色は素敵!

ノースコースとサウスコースがあるようだ。まあ、橋の北側か南側かってことだ。南側はフジテレビなどが見えるが、逆光なので、北側にする。エレベーターの乗り口までくるとこんな貼り紙があった。お手洗いはいっとかなきゃね。
この先、台場までトイレはないので、済ませておくようにという貼り紙も

夏季と冬季の営業時間などが書かれている

というわけで、ノースコースのエレベーターに乗り込む。7階まであがる。なんだかドキドキしてきたぞ。エレベーターを降りると、こんな看板があった。ひえー。
これは、十分に注意せねば!

うっひょー、手回り品が風に飛ばされる心配もあるのか

いちおう、カメラのストラップなどを確認。いやぁ、けっこう大変だ。恐怖心がさらに湧き上がってくるけれど、もう行くしかない。えいやぁ、と橋の歩道部分へ。
先に見えるのは、ゆりかもめだ

エレベータを降り、レインボーブリッジへの道

おっ、先に見えるのはゆりかもめだ。そうそう、いままでずっと上を見上げてきたけれど、ここではゆりかもめを同じ高さで見ることができる
やはり怖いね

こんなかんじで歩道が続いている

レインボーブリッジの全長は1.7km。だいたい20分くらいで渡ることができる。ちなみにゆりかもめの路線距離は14.7km。そのまま下を歩くので、約15kmほど歩くことになるだろうか。今回のコースはこちら
すれ違うのがやっとというかんじの幅

歩道は両側通行で向こうからも人がくる

一応、歩道の周囲は囲われているので、安全なのだけれど、海面などが見えると足がすくむ。しかも、車の音が激しくて、なかなか声が届かない。「Oくん、これは、MKKSだね~、マジでコワイけど、ケシキはステキ」などと大声で叫んでもOくんは振り向くどころか、歩を速めていく。
この日はあまり視界がよくなかった

レインボーブリッジから見た豊洲あたり

実はいい景色はいくつもあったが、ビビッてしまい、なかなかシャッターが押せなかったが、頑張って撮ったのが上の写真。あれは豊洲じゃないのかな。目の前に見えるが、これから大回りをしていくのだ

だんだん下り坂になっていく。前からゆりかもめがきた。カメラをかまえるも、通り過ぎてしまい、振り返ってシャッターを切る。
間近に見えるゆりかもめ

ゆるやかな下り坂になっていく

この先にはサウスルートへ渡ることができるところに出てくる。「ちょっと行ってみましょうか」とOくん。
景色がずんと変わる

サウスコースへ行く階段&通路があった

南側に出ると、お台場海浜公園とその先にはおなじみ、フジテレビの球体がある有名な社屋が見えてくる。
逆光に浮かび上がるフジテレビ

手前がお台場海浜公園、先がフジテレビ

そんなわけで、サウスルート側へ僕たちは降りた。ああ、地面に足がついてホッとする。Oくんが「なんでお台場っていうんですかね」と聞く。ああ、それは江戸幕府がペリー来航に驚いて、ここに砲台を築いたからだ。まだ整備される前のお台場は、石垣が積まれた砲台跡が残っていた。
のんびりこの一帯を散歩したい気分だ

ゆったりした雰囲気の公園が続く

潮の香りも漂っている。いい雰囲気に公園があちらこちらにある。そして、その先の駅は台場駅。当然、フジテレビがある。さっきあんなに遠くに見えていたフジテレビだが、やっとここまできた。
修学旅行生など多くの人が訪れている

フジテレビ 東京都港区台場 2丁目4番8号

いまや観光スポットになっているフジテレビ。この日も修学旅行の生徒たちがいたりした。そして、その先には台場駅が見えてくる。
駅の構造がよくわかる

台場駅 港区台場二丁目6先

お台場駅をあとにして、さらに進めば、ちょと不思議な光景に出会った。まるで、日本ではない景色。
潮風が心地よい

都立潮風公園 東京都品川区 東八潮1ー2

Oくんが、「ここはもう品川区ですね」と言った。そうか、さっきまでは港区だったものね。その先にあるのが船の科学館だ。かつて、Oくんはよく来ていたそうだ。
南極観測船として有名な船だ

船の科学館に展示されている宗谷

以前はここに青函連絡船の要諦丸も展示されていたようだ。Oくんから話を聞き、楽しみにやってきたが、今はもうここにはいない。解体されてしまったようだ。さらに本館も2011年から、展示を中止しているようだ。残念!

さて、次ページでは、意外な場所でお昼をいただきます。