リーズナブル過ぎるWindowsスマホ「KATANA 01」

Windows 10のスマートフォン版、Windows 10 Mobileが2015年11月にリリースされました。このOSを搭載したスマートフォンが続々とリリース予定ですが、その中でもリーズナブルな端末がFREETELの「KATANA 01」です。

発売前の発表では19800円(税抜)でしたが、発売価格は12800円(税抜、2015年11月30日発売価格)となりました。他のSIMフリー端末と比較してもとても安い価格帯となります。

KATANA 01

KATANA 01


Windows 10 Mobileの特徴

Windows 10 Mobileは、以前は、Windows Phoneと呼ばれていたOSの後継です。Windows 10のリリースに合わせて、大きくリニューアルされました。特徴としては、デスクトップとスマホのアプリの共通プラットフォーム化、音声アシスタント機能「Cortana」、外部ディスプレイ等に接続してデスクトップPCのように使える機能「Continuum」が挙げられます。

まず、PCとスマホでアプリが共通化されることで、今まで不足気味だった「ストア」のアプリ数が、今後増えていく見込みです。

デスクトップと共通アプリ化されたストア

デスクトップと共通アプリ化されたストア


音声アシスタント機能「Cortana」は、音声認識機能により音声コマンドによる操作や検索が可能です。

Cortana

Cortana


また、「Continuum」機能の搭載は、注目となっています。ディスプレイ、マウス、キーボードを接続するとデスクトップPCのように利用ができます。しかし、高いスペックが要求されるため、今回紹介する「KATANA 01」は非対応となります。

「KATANA 01」は高スペックではないが必要十分な仕様

期待のWindows 10 Mobileの機種の中でも、最安値と思われる12800円という価格で登場した「KATANA 01」。特に高スペックではありませんが、Windows 10 Mobileは動作が軽いOSのため、ストレスなく操作が可能です。具体的なスペックとしては、以下のようになります。

  • サイズ:高さ132.8mm/幅66.3mm/厚さ8.9mm
  • 重量:約132g
  • OS:Windows 10 mobile
  • ディスプレイ(サイズ/解像度) :4.5inch(854×480/FWVGA)
  • CPU:Quad core 1.1GHz
  • メモリ:内部RAM1GB/内部ROM8GB
  • 外部メディア規格:microSD
  • 外部メディア:最大容量32GB
  • カメラ:メイン500万画素/サブ200万画素
  • 連続通話時間/連続待受時間:8時間/150時間
  • バッテリー容量:1700mAh(取り外し可)
  • SIMスロット数:2タイプ(micro SIM、SIMロックフリー)
  • ネットワーク周波数帯:2G・GSM 850/900/1800/1900MHz
  • ネットワーク周波数帯:3G・WCDMA 1/6/8/19
  • ネットワーク周波数帯:4G・FDD LTE 1/3/8/19
  • 通信速度3G:下り42Mbps/上り11Mbps
  • 通信速度4G:下り150Mbps/上り50Mbps
  • Wi-Fi:802.11 b/g/n
  • Bluetooth:Version4.0 LE対応

端末の写真

「KATANA 01」の端末をご紹介します。

パッケージ写真。カラフルなデザインになっています。

パッケージ写真。カラフルなデザインになっています。


同梱物はシンプルです。

同梱物はシンプルです。


本体。4.5インチディスプレイで持ちやすいサイズ。

本体。4.5インチディスプレイで持ちやすいサイズ。


背面。WindowsとFREETELのロゴが入っています。

背面。WindowsとFREETELのロゴが入っています。


裏カバーを開けて、バッテリー、SIMカード、メモリカードの交換が可能。

裏カバーを開けて、バッテリー、SIMカード、メモリカードの交換が可能。


稼働している写真

「KATANA 01」に電源を入れて、稼働させた様子を写真にてご紹介します。

初期設定の言語選択画面。

初期設定の言語選択画面。


スタート画面。ライブタイルが並び、アプリからの情報をプッシュします。

スタート画面。ライブタイルが並び、アプリからの情報をプッシュします。


アプリ画面。あいうえお順で表示されます。

アプリ画面。あいうえお順で表示されます。


ブラウザアプリ「Microsoft Edge」の表示例

ブラウザアプリ「Microsoft Edge」の表示例


アプリ「Facebook」の表示例

アプリ「Facebook」の表示例


アプリに関しては、OfficeやOneDriveが標準で内蔵されており、端末にマイクロソフトアカウントを設定すれば、OneDrive上のOffice文書を、パソコンとシームレスに扱うことができます。

その他、Windows 10 Mobileの特徴的なアプリ「Peopleハブ」や、クラウドの写真を扱うことができる「フォト」、GmailやGoogleカレンダーと連携可能な「Outlookカレンダー」や「Outlookメール」なども内蔵されています。

以上、「KATANA 01」を写真にてご紹介しました。印象としては、従来の1万円前後のSIMフリースマートフォンと比較した場合、「KATANA 01」の方が快適に感じました。これは、Windows 10 MobileのOSの実行速度が軽快で、ローエンドやミドルレンジのスマートフォンでも、十分高速に動くためです。その点を考慮すると、「KATANA 01」の12800円という価格帯は、とてもコストパフォーマンスが高いものだと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。