最寄りの駅から野毛山動物公園に向かう坂道を上がりきると、高台に住宅街が現れます。この一画に、60代の夫婦が住む3階建ての家が建ちました。 建て主のMさんは、夫婦で住む終の住処を建てようとネットでこの土地を見つけ、工務店主催のイベントに参加。ここで建築家の筒井紀博さんの設計した家に興味をもち、設計を依頼したのです。周囲の隣家が建つのを待って約2年がかりで完成したこの家は、建て主と建築家のこだわりの結晶となっています。

高台の黒水晶の家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 南側の外観。ガレージの上はバルコニーのルーバー。
外観
2. すっきりした印象の東側の外観。手前には車が1台停められる。
外観
3. 複雑な形を見せる西側の外観。




屋根を鋭角に切り取られたこのユニークな外観は、敷地にかかる法的な規制をクリアして、目一杯建物のヴォリュームを得ようとした結果です。建築家からは、黒水晶を意味するパワーストーン「モリオン」の名前を冠されました。

◆建築データと建築家プロフィール