美容から食、勉強まで、さまざまな趣味が!

みなさんは、どんな趣味にお金をかけているでしょうか。1000万円を楽しく貯めている人には、「セルフ系(自分でするもの)趣味」をやっている人が多いんですよ。楽しみつつも、日ごろの出費をセーブできる、まさに一石二鳥の趣味。
8つ紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


1:ジェルネイル

自分には無理かなと思っても、いざ始めてみたらハマってしまうかも?

自分には無理かなと思っても、いざ始めてみたらハマってしまうかも?

数千円くらいのジェルネイルキットを買って、自分でネイルをしているという人も多いです。「雑誌やWEBなどで気になるデザインをマネしたり、オリジナルで考えたりするのが楽しい」という声をよく聞きます。

一度キットを揃えれば、あとは好みの色を買い足すくらいで、ランニングコストはあまりかかりません。お得にキレイを保つには、ぴったりの趣味といえそうです。

2:料理やお菓子に使えるハーブづくり

ベランダに小さなプランターを置き、バジルやミント、ローズマリーなどを育てている人も。料理やお菓子用にちょっとハーブを買おうと思うと、いいお値段がしますよね。ところが、プランターで育てればどんどん生えてきます。料理中に、思い立ったらハサミでちょきんと切って、すぐに使えるのも便利。自炊する頻度も増えて、節約効果もアップしそうです。

3:プチアクセサリーづくり

ビーズやコットンパールを使って、ネックレスやピアスなどを作っている人もいます。最近はさまざまな素材を安く売っているお店もあり、初心者さん向けにミニ講座が開かれていることも。「試しに簡単なものにトライしたら、面白くてハマってしまった」という声もありました。

ハイブランドのジュエリーと自分で作ったプチアクセサリー…気分やシチュエーションによって使い分けるのも素敵ですよね。

4:およばれヘアアレンジ

結婚式やパーティーなどは、1カ月にたくさん重なることもあります。その都度美容院にセットに行くと出費がかさんでしまいますが、セルフ系趣味の一つとして、ヘアアレンジにトライして、自分でセットしているという人もいました。

器用かどうか…にもよりますが、およばれのヘアアレンジができるようになれば、遠方の結婚式に行くときでも、「美容院に早朝にお願いしなきゃ!」などと焦らずに済みますね。

5:セルフマッサージ

「疲れた~」と思うたびに、マッサージやエステに駆け込んでいると、かなりのお金になってしまいます。ところが、本や雑誌、WEBなどでマッサージのやり方を学んで、普段から「自分でマッサージをする」という人も多くいます。
“かっさプレート”など、マッサージグッズに数千円かかっても、一度買ったらあとは自分でマッサージをするのみで、あまり費用はかかりません。

「がんばったご褒美として、たまに店舗のマッサージに行く」という人もいました。メリハリのある出費で、楽しみながらお金を貯めたいですね。

6:ネットオークションの出品

不要なものを、ネットオークションに出すのが趣味という人も。より高値で売るには、配置や光加減を考えながら写真をきれいに撮り、丁寧な説明を書き込むのがポイント。いい評価が増えると、ユーザーからの安心感が増します。

フリーマーケットやリサイクルショップでは、その品物をドンピシャで欲しいという人と出会うのは難しいですが、大勢の人が見ているネットオークションなら、「欲しい」という人が集まって、値段がより高くなる傾向に。「まずはネットオークションで出して、希望価格で売れなければ、リサイクルショップに持っていく」という人もいました。

7:スイーツづくり

カップケーキやクッキー、はたまたマカロンまで、スイーツづくりが好きな人もいます。最初に、器具や材料をそろえるのにお金がかかりますが、あとは追加で必要な材料を買っていけばOK。「かわいくラッピングをして、友だちへのちょっとしたプレゼントにしている」という人も。

甘いものがニガテでなければ、美味しいスイーツは喜ばれます。あげる方ももらう方も、うれしい趣味かもしれません。

8:語学の勉強

英語など、語学の勉強を趣味にしている人も増えています。語学の勉強代は、ほぼ0円から数十万円以上と、実に幅広いもの。

1000万円を楽しく貯めている人は、例えば、テレビやラジオなどで、テキスト代の数百円くらいでお手軽に学んでいる人や、最近はお手頃価格になってきている海外とのスカイプレッスンをしている人も多いです。

いきなり語学の講座に通おうと思っても、途中で通えなくなって中途解約してはもったいない。まずは身近で低額なものからスタートしてみるのもいいでしょう。楽しむだけでなく、スキルアップにつながる趣味もいいですよね。


以上、1000万円以上貯蓄がある人に多い、セルフ系の趣味を8つお伝えしました。趣味が日々の楽しみにつながり、さらに節約、貯蓄につながったらうれしいですよね。いろいろな趣味の一つとして、よかったら検討してみてください!

【関連記事をチェック】
1000万円以上貯蓄がある人の「時間」の使い方3つ
1000万円以上貯蓄者は、0円の人に比べコレが2倍!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。