2人の息子と教育資金と住宅ローンで貯蓄がスッカラカンに!!

手持ちのお金が少なく悩む

手持ちのお金が少なく悩む

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、次男の方が大学留年をして、老後まで心配になってきた50代の主婦の方。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
えみこさん(仮名)
女性/主婦/52歳
関東地方/持ち家一戸建て

■家族構成
夫(会社員/57歳)、長男(社会人/27歳※独立)、次男(大学4年/22歳※1人暮らし)

■相談内容
老後資金が心配です。下の子の就職が決まらず留年決定。今後は「お金の面倒、見ないよ」と言ってはいますが、自立できない限り心配です。マイホームと息子2人の学費で貯蓄はスッカラカン。夫の退職金、企業年金で住宅ローンを完済し、夫は再雇用でできるだけ働くようです。私もパートをするつもりですが、年を取ったら思うように稼げないはず。現役時代とは違った支出も増えると思うので心配です(夫は何とかなるよーと言って真剣に取り合ってくれません)。

■家計収支データ
「えみこ」さんの家計収支データ

「えみこ」さんの家計収支データ


■家計収支データ補足
(1)次男の学費
国立大学4年、就活に失敗し早々に留年を決めた。今まで学費アパート生活費ほぼ親持ちだったが、留年のこれからは自分でさせる、奨学金もさせるつもりとのこと。

(2)住宅ローン
ローンの種類不明、金利1.9%、ローン残高340万円、平成32年完済

(3)保険料の内訳
夫/がん保険=保険料3500円
妻/がん保険=保険料1000円
妻/医療保険=保険料4000円
※保障内容は不明

(4)ボーナスの主な使いみち
帰省費用は年4万、あとは生活費の補填、予備費、交際費、冠婚葬祭、固定資産税など(具体的な金額は不明)。

(5)ご主人の定年
60歳。再雇用制度あり。退職金と企業年金を聞いても夫は教えてくれない(会社に確認してくれない)とのこと。退職金はおそらく2000万円。

■FP八ツ井慶子からの3つのアドバイス
アドバイス1 使途不明金があれば明確に
アドバイス2 60歳前に住宅ローンを完済
アドバイス3 老後資金を取り崩さないことがポイント
 
アドバイスの詳細はこちら>>