FREETELのフラッグシップスマートフォンSAMURAI 極(KIWAMI)が2015年11月20日より発売されます。39800円(税別)という価格ながらも、6インチディスプレイ、3GBの実行メモリ、2100万画素カメラ、指紋認証機能と、高機能になっています。

SIMフリースマホは、格安SIMと組み合わせるユーザーが多いため、格安スマホと呼ばれるローエンド機種が中心ではありますが、SIMフリースマホをメイン端末として使いたいユーザーにとっては、このようなハイスペックなSIMフリースマホは良い選択肢となります。

発売前のテスト端末をお借りしましたので紹介します。実際の商品と違う可能性がありますので、ご了承ください。

SAMURAI 極(KIWAMI)

SAMURAI 極(KIWAMI)


WQHD 6インチディスプレイなど高機能スペック

スペックは、OSはAndroid 5.1、ディスプレイ6インチ (2560x1440 WQHD)、プロセッサオクタコアは2GHz、RAM3GB、ストレージ32GBと、SIMフリースマホとしては、ハイスペックな仕様となっています。外部メモリmicroSD/microSDXC(最大128GB)にも対応しており、バッテリーも3400mAhと大容量ながら、重さ182グラムに抑えています。

6インチディスプレイを搭載(左が極、右が5.5インチディスプレイのiPhone 6 Plus)

6インチディスプレイを搭載(左が極、右が5.5インチディスプレイのiPhone 6 Plus)


OSはAndroid 5.1

OSはAndroid 5.1


指紋認証機能や高画素カメラなど機能が充実

背面に指紋認証を搭載。認証も早く、ロック画面解除では使いやすく感じました。背面カメラ2100万画素で非常に精細に写り、フロントカメラも800万画素を搭載しています。

背面のカメラと指紋認証

背面のカメラと指紋認証


カメラ機能の作例

カメラ機能の作例


内蔵アプリはシンプルな構成

内蔵アプリはシンプルな構成になっており、使いやすく感じます。Google Playに対応していますので、ユーザーが使いたいアプリをインストールすることで、カスタマイズが可能です。

内蔵アプリ

内蔵アプリ


内蔵アプリ

内蔵アプリ


ブラウザアプリChromeにて表示した例

ブラウザアプリChromeにて表示した例


FMラジオ機能を内蔵

FMラジオ機能を内蔵


通信機能は各社APNをプリセット

通信機能は、デュアルSIMになっています。対応バンドは3GがB1/B6/B8/B19、FDD LTEがB1/B3/B7/B8/B19。Wi-Fiは802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) 、Bluetooth 4.1 LEに対応しています。格安SIMを使用した場合のAPN設定は、各社のものが用意されています。

デュアルSIM対応

デュアルSIM対応


APN設定画面

APN設定画面


SAMURAI 極(KIWAMI)は、ハイスペックでありながら、39800円という価格となっており、コストをおさえつつ高機能なSIMフリースマホを利用したいユーザーにお勧めの機種となっています。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。