中世の雰囲気を残した旧首都「イムディーナ(Mdina)」

mdina

路地に入れば空気が一変するほどの静寂

マルタに行ったらぜひ行ってもらいたいのが、「イムディーナ」。旧首都であるイムディーナは、街全体が城壁で囲まれており、中世の石造りの街並みがそのまま残っています。入り組んだ細い路地に入れば人の気配がなくなるため、「静寂の街」と言われるほど静か。1時間もあればくまなく周りきれるほどの小さな街なので、地図をしまって、どんどん入り組んだ路地を突き進みながら巡ってみてください。車の音もなく、遠くで馬の足音だけが鳴り響いている、なんていう神秘的な雰囲気に浸れますよ。

<DATA>
■行き方
ヴァレッタのバスターミナル9番のりば52.53.54番いずれかのバスに乗車し、「rabat」という駅で降ります。日本のように次の駅の表示がされるので分かりやすい。また地元の乗客は親切なので、駅に着いたら教えてくれることも。

<おすすめのお店>
■カフェ「Fontanella Tea Garden」
マルタで一番おいしいと言われているケーキがあるカフェ「Fontanella Tea Garden」。特におすすめはチョコレートケーキですが、思いのほか大きいので、二人ならシェアしても十分。テラス席からはマルタの街が一望できるので、小休憩にもおすすめ。
住所:1 Bastion Street Mdina, Malta


サンデーマーケットが開催される漁港「マルサシュロック(Marsaxlokk)」

marsaxlokk

かわいいカラフルな小舟「ルッツ」が浮かぶ港町

マルタでの滞在に日曜日が入っていたら、サンデーマーケットが開催されるマルサシュロックへ出かけましょう。マルサシュロックは、マルタ特有の色鮮やかな小舟「ルッツ」が数多く浮かぶ小さな漁港です。サンデーマーケットでは、魚や野菜、果物、日用品、お土産、服、靴など、ありとあらゆる露店が海沿いに並びます。数えたわけではないですが、おそらく100店舗以上はあるのでは。観光客だけでなく、地元の人たちも大勢やってくるので活気があり、露店を見ているだけでも楽しいですよ。お昼を過ぎるとお店をたたむ店もチラホラ出てくるので、午前早めに行くのがおすすめ。バスが混み合うので、少し早めに出かけましょう。日曜日の滞在がない場合も、新鮮なシーフードを求めて出かけてみては。

<DATA>
■行き方
ヴァレッタのバスターミナル11番のりば81.85.X86番いずれかのバスに乗車。降りる駅名は「マルサシュロック(Marsaxlokk)」ではないのですが、みんなが一斉に降りるので見逃さないはず。

<おすすめのお店>
レストラン「IR-RIZZU」
新鮮なシーフードで、地元の人たちにも人気のレストラン「IR-RIZZU」。マルタのレストランアワードでも賞を取っているよう。特に日曜日は、すぐにテラス席は満席になってしまうので、予約をするか、早めに行くのがベスト。
住所:52, Xatt is-Sajjieda Marsaxlokk, Malta
※教会のある広場から、海岸沿いに進んだ一軒目にあるお店


驚くほどの透明度を誇る「コミノ島ブルーラグーン」

komino

この世とは思えないほどの透明度の海が神秘的

水着を持ってきていない、船酔いが激しい、一人プールは行けても一人海はちょっと……ということから、当初ガイド自身も行く予定になかったコミノ島のブルーラグーン。絶対見るべき!というネットの書き込みを信じて、行ってきました。ただし船移動が多いツアーには参加せず、公共バス+船10分という、もっとも船酔いを避けられそうなルートに。またツアーとは違い、自分のタイミングで帰ることもできるのでおすすめです。

さてブルーラグーンですが、泳がなくても行く価値ありです。いままでいろんな海に行ってきたつもりですが、ここまで透き通った、美しいエメラルドグリーンの海を見たことがありません! 船を降りると、みんな軽い興奮状態に。一心不乱にカメラのシャッターをきっていたのが印象的です。一人で来ている人もちらほらいたので、思っていたより全然気になりませんでしたよ。マルタに行った際にはぜひとも行ってみてください。

<DATA>
■行き方
Vallettaで、Cirkewwa行きのバスに乗車し、終点Cirkewwaで下車(乗車時間、約1時間)。降りたところからすぐ船が出ているので、船で約10分(往復10ユーロ)でコミノ島ブルーラグーンに到着。
時刻表:cirkewwa発 9:10~15:40(夏季は30分おき、冬季は1時間おきに出航 ※15:40は夏季のみ)/コミノ島 ブルーラグーン発 9:30~16:00(1時間おきに出航 ※15:30は夏季のみ)


ガイドも見たかった!予約必須の「ハイポジューム地下神殿」

マルタには巨石遺跡がいくつも現存していますが、その中でも特におすすめが、紀元前2500年前に造られた、世界遺産の「ハイポジューム地下神殿」。その名の通り、地下に広がる神殿で、他の神殿とは異なり、地下の岩盤を削って造られた珍しい地下神殿だそうです。ハイポジューム地下神殿は、光や二酸化炭素による劣化を防ぐため、内部の撮影は一切禁止、1回に観光できるのが10名までと決まっています。ほら、だんだん見てみたくなったでしょ? ガイドもマルタに来て、真っ先に予約をしようと思いましたが、時すでに遅し。夏の時期は数ヶ月前から、秋に行ったガイドでも2~3週間先まで予約でいっぱいでした。マルタ行きの日程が決まったら、真っ先に予約することをおすすめします。

<DATA>
料金:大人30ユーロ(オーディオガイド日本語あり)
オンラインチケット予約:https://booking.heritagemalta.org/
営業:月曜~日曜9:00-16:00

いかがでしたか。マルタにはそのほかにも、イタリア・カプリ島の有名な観光名所「青の洞窟」よりも美しいと言う人もいる「青の洞門」や、実写版『ポパイ』の映画のセットになった「ポパイ村」、絶景が楽しめる「アッパーバラッカガーデン」、数々の神殿、ゴゾ島などがあります。マルタに行った際にはぜひこの記事を参考に、オリジナルのプランを楽しんでくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。