アラサー女子の「不安だらけの人生」

恋愛や人生でたくさんの不安を抱えているというアラサー女子。

恋愛や人生でたくさんの不安を抱えているというアラサー女子。

「今つきあっている彼と結婚できるかどうかわからなくて不安」
「自分が結婚・出産できるんだろうかと思うと不安」
「もう少し年齢がいったら、セックスしてもらえなくなるのではないかと考えると不安」

不安3連発だが、これらは最近会った、アラサー女子たちの心のうちだ。今の女性たちは、四半世紀前のアラサーとは違い、もっと自分の道を切り開くことに熱心で攻撃的に生きているように思えたのが、実際は、むしろ「不安だらけの恋愛、不安だらけの人生」らしい。


相手の気持ちを忖度するのは、時間と労力のムダ?

仕事ではバリバリ自分の意見を言うアラサー女子も、恋愛では意外と……?

仕事ではバリバリ自分の意見を言うアラサー女子も、恋愛では意外と……?

男と同じようにがんばってやる、と生きてきた私たち世代と違い、今のアラサーたちはもともと「男女平等」(表面的ではあっても)の中で育ってきた。
それだけに、実際に恋愛などで個人的に男性を深く関わってみると、「男って不可解」「恋愛って不安すぎる」という思いにとらわれるようだ。恋愛は表面的な男女平等論ではすまないことが多すぎるのだろう。
だから、とてつもない不安に襲われる。

しかし、考えてみれば、恋愛ほど理不尽で不条理なものはないのだ。自分は相手ではないから、相手の気持ちをどうがんばって考えても、合っているかどうかは定かではない。

「自分がされたらうれしいことを人にしてあげたいと思ってた。だから彼に毎日電話をしたら、『電話は出られないことが多いからLINEにして』と言われて……。私は彼の声を毎日聞きたいのに、彼はそうじゃないのかなと不安になって」
そう言うのは、メグミさん(仮名・29歳)。
いくら好きでも他人だから。相手が望むようにしてあげるのが恋愛における優しさではないのだろうか。やんわりとそう言ってみる。
純粋すぎるのか、はたまた繊細すぎるのか。

仕事ではバリバリ自分の意見を言う女性たちが、恋愛となると、急に借りてきた猫のような、あるいは、ふた昔以上前の女子中学生のような、なんとも頼りなげな表情になる。仕事上での発言とあまりに違うことに、こちらが面食らってしまうほどだ。