石のちから

・物事の善悪を見抜く
・強力な魔除け、厄除け
・災難から身を守る
・人間関係の修復
天眼石ブレスレット

チベットアゲートやアイアゲート、バンデッドアゲートとも呼ばれる



石の由来と特徴

縞模様が美しいこの石は、アゲート(瑪瑙)の一種です。
珪酸を含む水溶液が周期的に沈殿し、そのたびに取り込まれる不純物の量などに違いがあるため、層状に結晶したと考えられています。

丸みを帯びた形に研磨した際にできる、眼を思わせる模様が特徴です。

チベットでは古くから、天眼石が法具や護符として使用されてきました。
ダライラマ14世がノーベル平和賞を受賞した際、身につけていたことで大きな注目を浴びた石です。

石名は地中からではなく、地表で発見されたことから「神(天)の眼」という意味で名づけられたといわれています。

持ち主に神仏の加護を授け、悪霊を追い祓い、開運へと導くパワーがあります。

 
















※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。