パイライト

パイライトブレスレット


 

 石のちから

・強力な邪気払い
・攻撃や悪意をはね返す
・心身のバランスを安定させる
・周囲に防御フィールドを作る
・危機回避
・分析力を高める
・物事の核心を突き問題解決に導く
・意志を強くする。


パイライトは黄金色~真鍮色で硫黄と鉄で構成された硫化鉱物の一種です。
ハンマー等で叩くと火花が飛び散ることから、ラテン語で「火打ち石」を意味する「pyrites」から名付けられました。

金とよく見間違えてしまうことがあるため「フールズゴールド(愚か者の金)」というニックネームを持っています。
ラピスラズリの表面などによく見られる金色の粒状のものはパイライトで、ラピスラズリだけでなくダイヤモンドやエメラルドなどに内包されていることもあります。

原石はキュービック状の六面体や八面体をしているものが多く、加工前の状態でも楽しめとても人気があります。
カットしたパイライトは20世紀前半のイギリスで「マルカジット」と呼ばれダイヤモンドの代用品として大変な人気がありました。
現在「マルカジット」はアンティークジュエリーの代表的な存在です。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。