iPhone6 落下

iPhone6以降、iPhoneを落としやすくなったと感じていませんか?


新しいiPhoneを購入してから、「片手操作しづらい」「何か落としそうで怖い」と感じたことはありませんか? iPhone 6や6 Plusから本体サイズが大きくなったことによって、片手で操作しづらくなっています。さらに本体のエッジに丸みがついたことによって、手からすべり落ちやすくなっているという問題も。

iPhoneを落として、万が一画面が割れてしまった、故障してしまったとなると、Appleの保証サービスApple Care+を使っても有償になってしまうので、落とさないようなるべく注意したいですね。

現在、iPhoneで安全に片手操作できる、落下防止対策になるというグッズがいろいろ登場しています。大きく分けて、「リング」「ケース」「ストラップ」の3種類。それぞれ使う上でどんなメリット・デメリットがあるのか、紹介していきたいと思います。

指に通して落下対策ができる「リング」

パネルにリングが取り付けられているアイテム。iPhoneなどスマートフォンの背面にパネルを貼りつけ、リングに指を通して使うことによって片手で操作しても落下しないようになっています。

リングundefinedBUNKER RING 3

リングに指を通すことで片手操作時の落下防止対策が可能です

スマートフォンにリングというスタイリッシュさで人気なのに加え、本体に直接取り付けて使えるので本体のカラーやデザインをなるべく損なわないように使えるメリットが。リングは回転させられるので、スマホを縦にしても横にしても使えます。また、背面が平らならiPhoneだけでなく、どんなスマートフォン・タブレットでも利用可能。

 

リングundefinedBUNKER RING 3

リングに指を通すことで片手操作時の落下防止対策が可能です

ただし、リングに通るのは指1本のため、満員電車での操作や横になりながらの操作など無理な姿勢でのスマホ利用を長時間続けていると、指にかかる負担は大きいです。人によっては指が痛くなってしまうことも。また、シリコンなどの素材のソフトケースでは装着できません。ケースはあまり使いたくないという方向けの選択肢でしょう。