リアルタイムでpH値を表示

熱帯魚や水草を飼育する上で、定期的なpH(ペーハー)値の測定が重要。けれども、定期的に……というのが、以外と億劫だったりする。せめて常に水質を把握していたい水槽だけでも!という思いから、常時表示型のpHモニターを購入してみました。

秋葉原辺りには、キット販売される廉価設定のタイプが販売されていますが、組み立てに少々不安を覚えてしまう。何よりも、半田ごてやニッパーなど、組み立てに必要な器具を購入していたら、以外と高くついてしまうため却下。

 

pHモニター

PHモニター P1(本体)
液晶部分にリアルタイムで、pH値が表示される。赤いボタンでPower on。緑のボタンは、固定値を表示。

では、完成品で性能に信頼が置けて、尚且つ廉価設定の商品を、ということで、AQUA IMPORT SERVICEから販売される、『PHモニター P1』という製品を使用してみました。

気になるその性能は、測定精度(再現性)が±0.07(pH5-9)※1。pH7.0と4.0の2点校正※2。アクアリウムで使用するには、十分過ぎる内容です。電源は付属のACアダプターが利用できるので、家庭用のコンセントが利用可能。また乾電池(別売り)も利用できる2way方式のため、持ち運ぶことも可能です。アクアリストにとって、必要十分な機能を持ち合わせていると言えます。

何より、ACアダプターが付いていることが魅力です。電池式のように、電圧の低下によって精度が不安定になることもありませんし、電池交換の手間がかかりません。交換電池のコストも馬鹿になりませんからね。
 

ペーハーセンサー(ガラス電極)

ペーハーセンサー
水槽内にキスゴムで固定し、pH値を計測するパーツ。先端のボトルは、乾燥を防ぐために出荷時に付属している物で、使用の際は外します。コードの先端のジョイントを、本体に接続して使用。

気になる使用感はと言いますと、私は90cm水槽で使用してみたのですが、電極のコードが1mあるため、水槽下のキャビネットに本体を設置しても十分にコードに余裕があります。コードが短いものだと設置に制約があるため、細かいことですがこの点は非常に満足。

また表示部分は、5.0×3.5cmの大型LCDディスプレイ。薄暗いキャビネットの中においても、視認性は可也良好。水槽内に浸漬するガラス電極部分は、約16×1.5cmでレイアウト水槽においても視界を遮りません。本体は付属の専用ホルダーを用いて、両面テープかネジを用いて固定することが可能です。

総合的に見て、コストパフォーマンスもさることながら、機能的にも十分満足のいく内容でした。

気になる価格の方は

定価:13,800円
交換用pHセンサー:7,000円

実売ベースは、もう少し廉価設定です。
 

一万円少々の投資で、リアルタイムにpH値をモニターしてくれるのはウレシイですね。pH値を常に把握することで、換水のタイミングを推し量れたり、急な水質の変動にも対処可能になります。拠り高度な管理を要求するマニアにも、pH値の変化を把握しておいて欲しい初心者にもお奨めできるアイテムです。

※1 再現性 ±0.07(pH5-9)
pH値がpH5-9においての、測定誤差。±0.07ということは、実際の値よりそれだけ前後する可能性があるという事。

※2 2点校正
使用期間が経つにつれて精度に誤差が生じるため、一定のpH値に調整された溶液を使用し、定期的(およそ1ヶ月周期)に正確な値に修正する必要があります。2点校正の場合、pH7.0とpH4.0の校正液を使用し調整するため拠り正確な測定値を求める事が可能になります。

PHモニター P-1スペック
表示部 13mmLCD
測定可能範囲 0~14pH×0.01pH
最小目盛り 0.01pH
精度 ±0.07(pH5-7) 範囲外は±0.2
測定時間 開始は約0.4秒、測定安定数値表示は、水質により異なります。
測定可能温度 0~50℃(以上な水温差は破損の恐れあり)
湿度 80%以下にて使用してください。
校正 1または2点校正(pH7.0、4.0)
電源 006P DC9V乾電池(別売)または付属専用ACアダプター(約3.0mmA)
サイズ 135×60×33mm
重量 170g(電池搭載時)
セット内容 本体、pHセンサー(標準タイプ)、ホルダー(両面テープ、固定ネジ付き)、校正液(pH7.0、4.0)、ACアダプター、校正用マイナスドライバー、センサー固定用キスゴム、説明書(保証書含む)

開発販売元:AQUA IMPORT SERVICE
愛知県岡崎市上六名4丁目1-21
TEL(0564)58-4110


関連リンク
飼育器具・用品



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。