秋が深まると朝晩の冷え込みを感じるようになり、長袖の出番到来です。しかも学生は冬服になるので、一層衣替えを意識する季節になりました。私自身も、衣装ケースの中から長袖を引っ張りだしてきたし、今年は着ないと思う洋服などをオークションに出品しようと考えています。


消費税0%というありがたさ

ネットオークションを使えば、消費税がかからない。

ネットオークションを使えば、消費税がかからない。

一方で、冬服を買うことも検討。サイズアウトしてしまった子ども服などを、オークションで買おうと考えています。ちなみに、昨年は私のコートをオークションで買いました。新品で買うと8万程度するものだったのですが、オークション(中古)では2万円くらい。単純計算で6万円もお得だったことになります。

加えて、オークションで買うと消費税がかからないというメリットもあります。(ヤフオク! の場合、ストアからの落札の場合には消費税がかかります)現在のところ消費税は8%なので、この分の支払いがなくなると考えると、かなり安くなってくるはず。特に値段が高いものであれば消費税の金額も大きくなります。それに、たくさん落札する場合もトータルで考えれば消費税分も相当な額になるので、ぜひオークションを使ってほしいと思います。


同じ出品者から複数買う

オークションで冬服を買うときには、出品者が他にも何か出していないか見た方がいいと思います。同じブランドだったり、同じサイズの洋服を出品していることも多々あるので、もし好みが合えば同じ出品者から落札するようにしましょう。その理由は、送料を抑えるためです。

オークションでは基本的に郵便や宅急便で商品を送るので、送料がかかってしまいます。送料を出品者が負担することもありますが、落札者負担の方が多いと思います。ということは、1点ずつ違う出品者から買っていたら、それだけ送料もかかることになるわけです。でも、同じ出品者から落札すれば送料は1回分ですみます。もちろん、重さによって送料が変わる方法であれば若干高くなってきますが、1点ずつ買った場合よりは安いはず。それに、複数買った場合には送料の割引をしてくれる出品者もいるので、出品者が他にも出品していないかは必ず見ておきましょう。