ふるさと納税をクレジットカードで払うと……

筆者も利用している「ふるさと納税」ですが、みなさんはどのように利用していますか? 筆者はクレジットカードで支払える自治体を探して、その中で御礼の品を比較して寄付する自治体を決めています。

ふるさと納税の仕組み自体は「ふるさと納税で所得税・住民税が戻る仕組み」を参考にしてください。簡単に説明すると、自己負担2000円で2000円以上の御礼の品を寄付した自治体からもらえるので非常におトクな制度ということです。さらに、寄付時にクレジットカード払いするとクレジットカードのポイントも貯まりますね。寄付した金額は、所得税・住民税から控除できます。

ポイントで特産品がもらえる!

今治市の特産品がもらえる「バリィさんVISAカード」

今治市の特産品がもらえる「バリィさんVISAカード」

この「ふるさと納税」に注目したクレジットカード会社が三井住友カードです。2015年2月に発行したのが、愛媛県今治市のゆるキャラが券面になった「バリィさんVISAカード」で、クレジットカードの利用で貯めたポイントを1ポイント=3円としてふるさと納税今治への寄付ができます1800ポイント以上の寄付をすると、ふるさと今治特産品が贈られます

しかし、ポイントの寄付自体は三井住友カードから今治市に行われるため、特産品はもらえますが、自治体より受領証明書は送られません。つまり、ポイントで納税ということはできないということになります。

特産品+受領証明書ももらえる!

三井住友カードは、さらに進化させ、2015年10月からポイントでのふるさと納税を開始しました。三井住友カードの利用で貯めたワールドプレゼントのポイント2100ポイントで1万円寄付することができます。さらに、この制度では、寄付者に受領証明書が送られるため、住民税・所得税の控除も受けることが可能となります。

現在寄付できる自治体は、長崎県平戸市、佐賀県東松浦郡玄海町、北海道上士幌町、宮崎県東諸県郡綾町、島根県浜田市の5つの自治体のみですが、今後対象自治体が増える可能性もあります。

ポイントでふるさと納税ができるのは、三井住友カードのみですが、今後同じような仕組みが他のカード会社でも登場するかもしれません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。