アクアクリニック トップ > 熱帯魚ナマズ > ゼブラオトシンの飼い方

ゼブラオトシンの飼い方


Q. ゼブラオトシンに一目ぼれして、おもわず衝動買い。コリドラスと一緒に飼育しているのですが、餌や水質など飼育のポイントを教えてください。


ゼブラオトシン
ゼブラ柄の横縞が特徴的なオトシンクルス。
画像:オオツカ熱帯魚
A.熱帯魚の中でも脇役的存在だったオトシンクルスを、一躍トップスターの座へと押し上げたのがこの『ゼブラオトシン』。それまでは、水槽のコケ取りぐらいの認識でしかなく、専門に飼育する人は少なかったように思います。この魚が輸入され、ヒットしたことにより、様々なタイプのオトシンが輸入され、一部でオトシンブームなるものまで巻き起こっているぐらいです。

どちらかと言うとオトシンクルスの扱いは、「水槽内に生える藻類や残餌を勝手に食べてもらう」ぐらいでしかなく、餌不足により餓死してしまうパターンが多かったのではないでしょうか。輸入当初より安価になったとはいえ、比較的高価な部類に入り、前者よりも良い待遇を!という心境もあながち理解できないわけではありません。

では、飼育のポイントです。

水質などは、特にシビアになる必要はないと思います。弱酸性で、他の魚が 問題なく飼える環境であれば大丈夫です。混泳であれば、当然オトシンを襲わない魚であること。今回の相談では、コリドラスと混泳させてるとの事なので問題はないでしょう。あ と餌。今までの一般的な飼い方のように、水槽内に自然に生える藻類や他の魚の残餌では、やがて居なくなってしまう(餓死)可能性が高いでしょう。よって、専用に餌を与える必要があります。

  1. 各種プレコ用の人工飼料
  2. コリドラス用のタブレット
  3. レタスや茹でたほうれん草などの野菜
  4. 人為的にコケを栽培して与える


1~3は、購入するだけで良いので特に問題はないでしょう。4は、コケ栽培用に専用水槽を作り、移動可能な小石などを入れて、それにコケを繁殖させます。オトシンの仲間は、茶色く指で拭うと直ぐに取れてしまう「珪藻類」を好みますので、それらを上手く増やし与えるのも良いでしょう。

参考情報


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。