お金持ちになる運気は玄関からやってくる

お金持ち体質になる玄関とは?

お金持ち体質になる玄関とは?

家の顔ともいえる玄関は、とても重要な空間だという風水に詳しい一級建築士のYuuさん。方位がよくなくても金運をアップすることができる、風水インテリアとは?(第3回インタビュー『風水パワーって?先人や歴史に見る風水と家相のホント』から続きます)


――風水インテリアを考えるとき、まず注目すべきはどこですか?

Yuuさん それは、ズバリ玄関です。風水では「運気を招き入れる場所」といわれ、方位としては東南や南向きが良いとされます。

――玄関の向きは、家を建てたり引っ越しをしないと選べませんよね。

Yuuさん 
方位がよくなくても運気を上げる方法はいろいろあります。まず、どうして東南や南向きの玄関が良いとされるのかを考えてみましょう。それは、陽当たりがよく明るいから。風水では太陽の輝きが金をイメージし、金運を招くとされます。しかし、だからといって西や北向きの玄関には金運がやって来ないというわけではありません。重要なのは、方位ではなく明るさ。金運を招く玄関にするためには、使用する電球を昼間の太陽に近い色、輝きのものを選び、照明器具で明るくすれば大丈夫。薄暗い玄関は風水的な意味を別にしても、家のイメージがよくありませんし、来客の顔もしっかり見えませんから防犯上も問題があります。何よりも、暗いと汚れが見えないので掃除がずさんになります。“財貨は清浄を好む”という教えがあることからもわかる通り、金運をアップするためにはきちんと掃除されていることが基本です。

――玄関に置くインテリアグッズはどんなものがいいでしょう。

Yuuさん インテリアグッズを考える前に、間取りをチェックしてみてください。玄関からまっすぐに廊下が続いていたり、リビングにそのままつながっていたりしませんか。風水では運気が流れる道を“龍脈”と呼び、これを上手に取り入れることがポイントです。龍脈はその名の通り、龍のようにクネクネと曲がりくねっているのを良しとしますから、廊下が真っ直ぐだったり家の中が丸見えだと、せっかく入ってきた金運が逃げていってしまうのです。

そういう場合はパーテーションを置いたり暖簾をかけたりして、玄関からの流れに変化をつけましょう。大きめの観葉植物を置くのも、いいアイデアです。土の中には金があり、森が龍脈を育て、木が生気を吹き込むとされ、鉢物の観葉植物は金運をアップする効果があります。

――風水では色も重要なポイントになるようですが。

Yuuさん 
全体としては、白を基調にまとめるといいでしょう。白は英知・財運・金運を表す色ですし、空間が明るくなります。明るいインテリア作りをすると、お金を呼び込みやすくなるともいわれます。

色はもちろんですが、玄関そのものを片づけることも大切です。来客用のスリッパが出しっぱなしになっていたり、下駄箱に入りきらない靴がタタキにズラリと並んでいるような雑然とした玄関では、いくら金運を招こうとしてもやってきてくれません。白いスリッパラックや収納ケースなどを使って整理整頓することを心がけてください。

★Yuuさんのインタビューは次回に続きます!

教えてくれたのは……
Yuuさん

undefined

 

All Aboutリフォームガイド。一級建築士事務所 Office Yuu代表。住宅リフォームコンサルタント。未来の暮らしを創造する「リライフのリフォーム」を提唱し、家相・風水にも詳しい。新聞・雑誌・書籍などの執筆活動のほか、講演も多数こなし、本当に満足するリフォーム実現のためのトータルなアドバイスを行う。

Yuuさんのリフォーム記事をもっと読みたい方はコチラへ!

風水監修/村上瑞祥
HP:家相・風水リフォーム Q&A

【関連記事をチェック】
風水から見る金運とは?どうすればお金持ちになれる?
一級建築士が考える風水インテリアと吉凶の関係
2015年 風水リフォームは30年に1度の踏み出すチャンス
かんたん風水リフォームで開運インテリア

取材・文/鈴木弥生
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。