お手頃価格で豪快に食すブラジル料理

大泉には、本場のブラジル料理が味わえるレストランが点在しています。

ロデオグリル

スーパーの店内にはブラジルレストラン「ロデオグリル」もあり、 名物のシュラスコなども食べられます

ブラジルと言えば、お肉好きにはたまらないのが「シュラスコ」です。大きな肉のかたまりに岩塩をふり、炭火でじっくりと焼き上げた串焼きで、肉本来の味を楽しむのが「シュラスコ」の醍醐味です。お店ごとにシュラスコの食べ放題メニューもあり、お手軽な価格で本場の味が楽しめます。

また、スーパー・タカラの店内にある「ロデオグリル」では、フェジョアーダ (モツと豆の煮込み料理) など、様々なブラジルの家庭料理が楽しめますよ。最近、店内では本場ブラジルのサンバショーも始まったそうです。週末(土・日)の12時~と13時からの2回、ショーが行われています。

<DATA>
RODEIO grill
住所 : 群馬県邑楽郡大泉町坂田3-12-10 (スーパー・タカラ内)
電話 : 0276-62-2600
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 毎週火曜日

ブラジル文化を発信するカフェ 「リオ東京カフェ」

ブラジル移民展示

ブラジル移民が持って行った生活用品を再現した展示コーナー

タカラスーパーの向かいには、今年新しくオープンした「リオ東京カフェ」があります。ブラジルの軽食類がそろっているほか、ブラジル珈琲、アサイージュースなども飲めるため、散策の途中でホッと一息つくのにおすすめの場所です。

そして、実はこのカフェ、普通のカフェじゃないんです。なんと、ブラジル移民の歴史も学べるんですよ。

ブラジル移民展示2

移民の歴史をリアルに伝える店内のパネル展示

日本とブラジルをつなぐ多文化交流カフェということで、店内には興味深い写真集や資料展示などもありました。今から100年以上前に海を渡った日系人たち。その後に彼らがたどった歴史や、現地での生活の様子などが細かく紹介されています。

ブラジルバーガー

ビックサイズもあっという間に完食してしまうブラジルバーガー、 ブルーベリーやアサイーなどが入った栄養ドリンクも絶品

店内にはブラジルの味が気軽に楽しめるカフェスペースのほかに、色鮮やかなブラジル土産なども売っています。普段は間近で見る機会も少ないサンバの衣装なども展示されていますので、どっぷりとブラジル気分に浸れますよ。

<DATA>
リオ東京カフェ
住所 : 群馬県邑楽郡大泉町坂田3-13-342
電話 : 0276-55-3020
営業時間 : 11:00~21:00
定休日 : 毎週水曜日

年に一度のサンバの祭典・大泉カルナバル

そして今年も大泉にサンバの季節がやってきました!

大泉カルナバルポスター

参加者や規模も年々大きくなる「大泉カルナバル」のポスター (写真提供:大泉町観光協会)

夏から秋に季節が変わる頃、大泉町では毎年サンバの祭典が開催されます。2007年から始まった「大泉カルナバル」では、迫力あるサンバの踊りを見られるほか、会場では世界の味が楽しめる食のイベントも開催されます。ステージではサンバチームによるコンテストも行われ、迫力あるパフォーマンスを目の前で見られる滅多にない機会です。ブラジル音楽であふれる会場で、食べて踊って一日中楽しめますよ。

<DATA>
大泉カルナバル2015
開催日時: 2015年9月12日(土) 11:00~20:00
会場 : パナソニック三洋電機野球場 (西小泉駅から徒歩10分jほど)
問い合せ先 :大泉町観光協会 (電話0276-55-3020)
入場無料 (有料エリアあり)

壁画

工場の壁に描かれた壁画

散策途中に発見した壁画です。大泉町の小中学生が手掛けたもので、町の四季を特徴あるイベントなどの絵によって表現しています。日本の祭りとブラジルのサンバが共存しているのが、何とも大泉らしいところです。ブラジルタウン散策は、「活きな世界のグルメ横丁」や「大泉カルナバル」など、大規模イベントにあわせて出かけるのもおススメです。小さな町ですので、一日あれば食事に買い物にと、ブラジル気分を満喫できますよ。観光協会で貸し出しているレンタサイクルなども上手に活用して散策を楽しんでみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。