グアムの観光定番スポット

チャモロ・ビレッジでのショー。古くから伝わるグアムの文化にも触れておきたいものです

チャモロ・ビレッジでのショー。古くから伝わるグアムの文化にも触れておきたいものです

グアムのお楽しみといえば、マリンスポーツやショッピング、グルメ、エンターテイメントなど、「遊び尽くす!」的なアクティブなものが中心でしょう。とはいえ、ミクロネシア特有の美しいビーチでのんびりと過ごしたり、先住民であるチャモロの文化に触れたり、またはスペイン統治時代の名残を感じたりするのも、グアムならではの体験です。 

ウマタックにあるスペイン古橋。スペイン統治時代の名残を感じたいなら、島一周ツアーへ

ウマタックにあるスペイン古橋。スペイン統治時代の名残を感じたいなら、島一周ツアーへ

ガイド的にはメリッツォやイナラハンなどの島の南部へ足を延ばすことをおすすめしたいところですが、短い旅行日程でも立ち寄りやすいタモン&ハガニア周辺の観光スポットを集めてみました。

ちなみに、島の南部など素顔のグアムに出会いたいなら、グアム島一周ツアーに参加するのも一案です。

<DATA>
■ラムラムツアーズ&トランスポーテーション
TEL:+1(671)649-5314(日本語可)

 

タモン周辺で遊ぶ

大きな孤を描くタモン湾。ステイの拠点となるエリア

大きな孤を描くタモン湾。ステイの拠点となるエリア

グアムの中心地であり、多くのアトラクションが集中しているタモン。大きな孤を描くタモン湾を中心に広がるエリアで、ホテルやレストラン、ショッピング、スパなどのお楽しみが凝縮しています。移動もシャトルバスが頻繁に運行し、タモンの中でも最も賑やかなプレジャー・アイランド界隈は徒歩でも十分。

また、タモンにベースを置きつつマリンスポーツなどのオプショナルツアーに参加し、タムニングやハガニア、アプラ湾へ足を延ばすケースも。滞在日数が短いグアムでは、タモン+オプショナルツアーの過ごし方が主流のようです。

これだけは外せない、超定番観光地は、リンク先で詳しく紹介しています。

 

グアムその他の観光スポット1 スペイン広場

スペイン総督邸の跡地を公園に

スペイン総督邸の跡地を公園に

スペイン統治時代の名残を感じたいならば、おすすめは島の南部の小さな村へ。メリッツォやイルナハンなどで往年の風情をたたえた建物を見ることができます。

タモン周辺でスペイン統治時代の史跡へ訪れるならば、ハガニアの中心地にあるスペイン広場へ。

スペインの総督邸の跡地で、お客をもてなしたチョコレート・ハウスなどが残された公園です。近くにはハガニア大聖堂やヨハネ・パウロ2世教皇像などがあり、往時を振り返りながら散策するのも一案です。

 

グアムの観光定番スポット2 ラッテストーン公園

謎に包まれたラッテストーン

謎に包まれたラッテストーン

ハガニアのスペイン広場の近くに位置するラッテストーン公園。石柱の“ハリギ”の上に巨岩の頭石“タサ”を乗せた巨石の造形物、“ラッテストーン”が8基、並んでいます。高さにして約1.5~2m。この巨大な石柱の史跡は、宗教上のもの、あるいは高床式の土台など諸説ありますが、いまだ謎に包まれたままです。 



写真提供:グアム政府観光局

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。