ミドルサイズSUVは不動の地位を獲得

三菱アウトランダー

三菱アウトランダーのマイナーチェンジや日産エクストレイルハイブリッドの追加など、フルモデルチェンジはないものの、国産勢ではミドルサイズSUVのてこ入れが目立つ


本来の魅力である悪路走破性はもちろん、積載性や居住性の高さ、デザインや視界が高くなる点など、SUVの魅力はいくつもある。反面、燃費やコーナリングなど走りの面では不利な要素もあるが、SUVの人気は上下することがあっても乗用車の定番としての地位を築いている。

雪国などでの生活の足としてはもちろん、オールシーズン使える趣味の相棒として選ぶ人から、オフロードを一度も走ることなく買い替えるケースまであって、2WDや4WDはもちろん、HVやクリーンディーゼル搭載車まで多彩に揃っているから使い方に応じて選びたいところだ。

今回は、「予算300万円以下で買えるSUV」をピックアップするが、予算内だと大・小多様なモデルが揃うので、300万円以内でできるだけ大きくて、居住性や積載性に優れたSUVに絞らせていただいた。

ガソリン車も魅力のアウトランダー

三菱アウトランダー

2.0Lと2.4Lを設定するアウトランダーのガソリン仕様。2WDとなる2.0Lは16.0km/L、4WDとなる2.4Lは14.6km/L


まずは、今夏ビッグマイナーチェンジを果たした三菱アウトランダーから。アウトランダーといえばPHEVを思い浮かべる人も多いだろうが、29万円のCEV補助金を活用しても300万円以下にはならないので、純ガソリン車がターゲットになる。

最上級グレードの4WD以外は、すべて300万円以下に収まる。PHEVは確かにほかにはない先進性を備えるSUVで、電費を含む燃費や特徴のある走り、給電までできるからアウトドアでも重宝するのは間違いないだろう。

ただし、今回のマイナーチェンジではガソリン車の走りもかなりブラッシュアップされ、乗り比べるとガソリン車の方が軽快感は上で、どんなシーンでもクルマの動きも素直。ハイブリッドに乗ったことがないならガソリン車の方がすんなりと受け入れられそうだ。

乗り心地は上質。とくに、低速時の微振動を抑えきれない国産SUVが多い中にあって、今回のマイナーチェンジではサスペンションの取付部剛性の向上やリヤダンパーのシリンダーの大径化などにより、乗り心地の向上だけでなく、ハンドリングの気持ちよさも追求しているという三菱の狙いどころは十分に達成できている。

振動だけでなく、音の遮断や吸音なども念入りにされているそうで、風の強い高速道路でも大声を張り上げることなく前席と後席の会話ができた。音・振動面のブラッシュアップも明らかだ。

2WDと4WDを設定するアウトランダーは、2WDは2.0Lのみで、4WDは2.4Lのみとなる。今回は、2.4Lしか試乗する機会がなかったが、2.4Lは登り坂から高速道路の追い越し時まで動力性能に不足は感じられない。

一方の2.0Lには現行アウトランダー登場時などに試乗したが、トルクも高速域の伸びも今ひとつという記憶があり、開発陣に伺うと、エンジンとCVTの制御を変えることで、発進時から加速時まで力強い加速感が得られるということ。

PHEVが注目されがちなアウトランダーだが、今回のマイナーチェンジでは両仕様ともに洗練された走りが楽しめるだけに、ガソリン仕様も積極的に推せるモデルに仕上がっていると思えるし、車両価格やランニングコストを含めてもガソリン仕様で十分というユーザーは多いはずだ。

次ページは、日産エクストレイルハイブリッドについて