誰でも作成できるLINEのクリエイターズスタンプ

LINEで使えるスタンプを、誰でも作成&配信できる「LINEクリエイターズスタンプ」。今年5月には2014年5月8日~2015年5月7日までの販売・利用実績が公開され、(参照:「クリエイターズスタンプ販売総額は89.4億円、販売金額上位10位クリエイターの平均販売額は1億円を突破」)大きな注目を集めました。

そこまではいかなくても、自宅で空いた時間にちょっとしたお小遣い稼ぎができそうなクリエイターズスタンプ。誰でもLINEスタンプを制作・販売できるとはいえ、実際どうやって作れば良いのでしょう?

日本アニメディア株式会社が配信するクリエイターズスタンプ「窓際の山田さん」の制作過程を例に挙げながら、その作り方をご紹介しましょう。

クリエイターズスタンプで配信中の「窓際の山田さん」

クリエイターズスタンプで配信中の「窓際の山田さん」


クリエイターズスタンプは他のLINEスタンプと何が違う?


LINEで使えるスタンプは、ユーザーから見ると、主に3種類に分類することができます。

  • LINE公式スタンプ(無料)…期間限定で使える。無料。スタンプショップの「EVENT」カテゴリに入っていたり、商品にダウンロード用のQRコードが付いていたりする。企業の公式アカウントから配信されるため、ダウンロードするためには、友だち追加や動画視聴など、条件のクリアを求められることが多い。企業がキャンペーン用に制作することが多い。
  • LINE公式スタンプ(有料)…期間無制限で使える。100コイン(=240円)。
  • クリエイターズスタンプ…期間無制限で使える。スタンプショップで50LINEコイン(LINE STOREで120円)。LINE Creators Marketを通じて、個人法人問わず、誰でも作って販売できる。
LINEアプリのスタンプショップ。タブを切り替えるとスタンプの種類を変更できる。

LINEアプリのスタンプショップ。タブを切り替えるとスタンプの種類を変更できる。


したがって、「クリエイターズスタンプを作って、知り合い限定で無料配信しよう!」ということはできませんので、それだけは覚えておきましょう。

「窓際の山田さん」のスタンプができあがるまで

クリエイターズスタンプの作り方を、順を追って説明するにあたり、スタンプの企画~ディレクションを行った日本アニメディアの田中さんにお話を伺いました。「窓際の山田さん」は、今回のクリエイターズスタンプをきっかけに生まれた新しいキャラクターです。スタンプの作り方の前にキャラクターの誕生秘話もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

オヤジギャグ炸裂な「窓際の山田さん」のスタンプ。

オヤジギャグ炸裂な「窓際の山田さん」のスタンプ。


>>次のページ:「窓際の山田さん」に学ぶ、はやるスタンプの作り方とコツ